黄金のアルコールランプw



いつポチったかも覚えてないし、いつ届いたのかも定かじゃなけど、こんなのがありましてね。。。

ま、漢字だらけの中華アイテムですわw

中から出てきたのは黄金ボディのコイツだ!!

ふむふむ。。。

説明書が無いので良く判らんけど、内蓋にある中央の穴は芯を出す用で、その隣は空気(通気)穴かな??

蓋の内側にはゴムのパッキンがありました。

燃料がもれないと良いのだけど、
パッキンは内蓋にしかなく、その内蓋には空気穴があるので。。。(汗)

そうそ、芯が付属してないので、焼豚用の綿紐で代用してみますです。

適当にカットして仕込みますー

そうそ、アルコールはどこにしまったかなー。。。

・・・あった!!

このビールの瓶、なかなか好きなんすよw
ちゃんと密閉できるし!

ちなみにラベル的にはセバスチャン グランクリュのコレも良いですな。
陶器だし!!

で、アルコールを適当に注いで内蓋を戻して準備完了!!

 

いざ、点火!!

はい。終了です(笑)

見事な赤火のアルコールランプでしたねぇ。。。

明るさで言ったら、マッチ棒くらいでしょうか?
構造上、2次燃焼も何もないので、当たり前ですな。

ええ、全く使いみちがありませんですw

リトルの火遊び道具にでもなってくれるといいのですがー(笑)

 




Kovea Cube キャリーバッグ

大雪の影響でちょっと遅れたけど、ちゃんと届きましたよー!

18日にポチって23日に届いたんで、なかなかのスピードですなw

パッケージはこんな感じ!

で、これがご本尊。。。

正直、悪くないですw

で、収納するとこんな感じ。

魔改造したサイドパネル付きのCubeでも問題なく入りました(汗)
しかも!CB缶も1本ちゃんと入りますよー

火力調節のつまみの分、ちょっと余裕があるので、何か押し込んでおけそうだけど、
イグナイタもついてるから特に思いつかないなぁ。。。やっぱりライターでも入れておくかな?

そうそ、Cube本体とガス缶の間には仕切りがあるんだけど、ベルクロで張り付いているので取り外しも可能です。

お陰で他にも流用できますよ。(しないけどw)

ま、あえて文句を言うとすれば、ファスナーかなー

KOVEAのロゴが付いてるのはガマンするとして、やっぱりYKKじゃないんすよ。多分。
なので、角を曲がったところで少し引っかかりがあるんすよねぇ。。。

ま、そんなに気にならないんだけどw

って事で、KOVEA CUBEを持っている人にはオススメです!!

—–

CUBEのサイドパネル

前から気になっていたコイツのデコ作業をやってみました!

KOVEA CUBE

まずは採寸。。。

縦横サイズはもちろん、固定するビスの穴開け箇所も計測しておきますよ。

本体がステンレスなんで、穴あけはしたくないです。。。(汗)

なので、アルミ製のリベットを抜いて、その穴を利用してやろうかと。
この方が強度的にも安心でしょ?(笑)

で、木材を切ったりなんていうのはヘタクソなんで、
いつものように渋谷ハンズでカット&加工してもらいましたよー(鼻ホジ)

木材は松!!

で、本体側のリベットをドリルで揉んで外しました。

固定に使うビスは真鍮にしてみました。

ルックス的にマイナスねじが良かったんですが、渋谷ハンズには置いてないようで。。。

ちなみにねじはM3なんで、木材に開ける穴は3.5φにしましたよ。

で、装着!!

ルックス的にエッジは丸めずにそのままで、仕上げはクルミオイルです。

木目が程よく出てなかなかなんだけど、松だけに柔らかいんですよねぇ。。。リトルが選んだからいいのだけどw
もし作り直す事があれば違う木材でやってみたいすね。

で、私が使った図面をイラレで引き直したので、採寸などに利用くださいまっせー

(ねじ穴など個体差がありそうなので数字は抜いてあります)

—–

一酸化炭素警報機 MI-CM70

怪しいの届きました。。。w

dsc_0565

 

いつぞや買った、一酸化炭素警報機ですな。

dsc_0566

壁に設置するための木ネジも付属してますが、シェルター内で使う予定なので必要ないです。

なので、吊り下げる為の工夫を考えなくちゃだなー

 

で、これがご本尊。。。

dsc_0571

チープというのはコイツの為にある言葉かも。。。と思うほどチープですwww

ま、動けばいいんだけどね、動けば。。。

 

ちなみに単3電池3本で駆動しますー

dsc_0569

 

付属のマニュアルは英語表記のみです。

dsc_0567

 

本体に電源ボタンも無く、あるのはアラームのテストボタンのみ。。。

人の生死に関わるアイテムなので、一応は目を通したいところだけど、
いかんせん、この小さな文字を読もうとするとなんだか滅入りますねぇ。。。

dsc_0568

って事で、スキャンしてGoogle Driveにアップし、Google Document化してみましたよ。(← この機能、知らんかった!スゴイよね?w)

で、PDF形式docx形式を用意したので、そのまま読むか翻訳アプリに流し込んで読んでみてくださいな。

あー、早くキャンプで使ってみたいなぁ。。。

でも、ちゃんと動かなかったらどうしよう。。。(汗)

 

—–

なんだか微妙。。。

現在ナチュで送料無料になっているウッドラック用ケースが、
イワタニのマーベラスに合うんじゃないかと思ったんで検証してみました。

コレがウッドラック用ケース。

dsc_0471

 

まずはその上にマーベラスを載せてみると。。。

dsc_0472

お?まぁまぁな感じ?

 

でも、中に入れてみると予想通りにガス缶が2本も入るほどの余裕がありますなぁ。。。

dsc_0473

ちなみに取り出しやすいようにマーベラスは立てて入れました。
どうせならガス缶を左右に分散した方がバランスが良いかもねー

ちなみにガス缶の代わりにとスタンレーのグロウラーボトルが丁度入るようです。。。

dsc_0474

でも、わざわざ入れなくてもねぇ。。。

って事で、なんだか微妙な結果になりましたが何かの参考になりますかね??


Hilander(ハイランダー) ウッドラック ぴったりケース

定価 オープン価格↓
ナチュラム価格907円(税込980円)+27ポイント

最大の弱点(?)

連日のUuni2ネタですみません。

———-

Uuni2最大の弱点(?)である煙突の組み立て。。。

DSC_0096

収納時にバラさなくちゃなんだけど、6角レンチが必要なんです。

なのでここを蝶ボルトに交換するってのがもう定番のようですが、
ビバホームに行ってこんなの買ってきました!

DSC_0093

実は先日買った蝶ボルトの蝶部分がデカくて合わなかったんです。。。

で、こんな感じになりました!

DSC_0097

この小さいパーツも無くさずに済みますよー!!

あと、こんなのをボズマンで買ってきました。

DSC_0095

ま、なんつー事ない、ストラップっすな。

DSC_0094

 

これを使ってUuni2を縛り上げてやるのです!

DSC_0098

これでガチャガチャ鳴らなくなるし、収納箱に入れる時もバリで手を切りそうになったりしなくて済みますw

でもこのストラップってバックルの方がいろいろ便利そうだなぁ。。。って検索したらフック付きなんてあるのね!!

しかし問題はいつになったらキャンプに行けるのか?って事。。。
どうやら4月4日まで仕事がビッチリなのですがー(泣)

———-

ユーニ(UUNI) Uuni2 Wood-Fired Oven

ナチュラム価格39,800円(税込42,984円)+3980ポイント