Big Agnes Mint Saloon FootPrint



前回の初張りでやっぱり必要だと思ったフットプリントが届いたよ。

 

ちなみにこのフットプリントのサイズですが、こんなにデカいのです。。。

『画像は無断転載です』

 

でも、我が家にはタイベックのロールが2本もあるので、早速。。。

次回のキャンプまでに完成させますよー!!



Barebones Living フォレストランタン LED

ベアボーンズリビングの大きい方のLEDランタン、フォレストランタンが届いたよー

ナチュラムで買ったんでもちろん正規品です!

 

では早速開けてみますー

最近、『充電してね!』っていうメッセージカードが入ってるの多くない?(笑)

で、これが御本尊。

大きくもなく、小さくもなく。。。

サイズは、高さ約24センチ、幅約15センチなので、数値だけでいうとニャーのフュアーハンドランタン276にとっても近いんだけど、
フォレストランタンは寸胴っぽいスタイルなんで大きく感じますね。

ちなみに他のスペックはこんな感じ。

素材:スチール、プラスチック、ゴムスチール
本体縁:ステンレス
ホウロウ加工
LED:5W Cree
明るさ:1-200ルーメン
LOW連続点灯時間:80時間
HI連続点灯時間:3時間
充電時間:4-6時間
充電性能:(入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下
防水性:IPX4(防沫形)
付属品:8Whリチウムイオン電池(内蔵)、充電用microUSBケーブル

そうなんすよ、最大輝度の200ルーメンだと3時間しか持ちません。。。(汗)

内蔵されているリチウムイオン電池の容量が8Wh(=約4400mAh)なんで、”5W Cree”というLEDは電気喰い虫なんかなー

ではお決まりの発光テストです!

まずは最大輝度!!

写真だと判りづらいけど結構明るいっすねー

今度はつまみを左に回して最小輝度!!

ふむふむ。。。常夜灯としては十分なんかな? でも、これって本当に1ルーメンなの??正直判らん。。。w

っていうかさ、そもそも、これって”電球色”?? 普通に”白昼色”に見えるんだが。。。(汗)

使っていて気になったらマッキーのライトブラウンで塗り塗りしてやろうっとw

そうそ、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このフォレストランタンって”バージョン2.0″なんすよね。
A&Fが代理店になる前のモデルは、最大輝度がもっと明るかったり、バッテリー出力があったり、充電コードが内蔵だったりしたみたいですが、
“2.0”からはバッテリー出力と充電コードが廃止になり、充電ポートが採用になりました。(充電用USBケーブルは付属)

バッテリー出力がなくなったのは賛否あるかと思うけど、
正直、USBケーブルなんてすぐにコネクターの付け根が断線しがちなのでこの点はナイスだと思います。

また、充電池は底面に格納されています。

ネジを2本外してアクセスできます。

が、ナニコレ!?

なんか知らない電池が入ってるよー!!

初めて見たわー

バッテリーにも4400mAhの文字が見えますね。

オフィシャルの情報ではないのだけど、今後このバッテリーが発売になるとか。。。

でもさ、どこのセルを使ってるのか判らないけど正直、
汎用の単三電池サイズが4本の方が嬉しかったんだけどなぁ。。。(泣)

最後に収納ケースを用意しますよ。

ニャー用に使っていたスノピのアレが自室に転がっていたので早速。。。w

高さは申し分ないものの、直径が大きすぎて無理っす!!

さっさと諦めてMOUNTAIN SMITHの350ml缶用ソフトクーラーでやってみます!

ソフトクーラーって何気にランタンケースに向いてるって知ってた?w

ほら、ピッタリだしw

隙間にはビーコンライトやランタンハンガーが入りそうなのでコレに決定です!!

—–

GRIDを鹿テーブルに置きたい

SOTOの2バーナー、GRIDを何度か使ってみたのだけどね、あれってテーブルなんかの上に置いて使わないと低すぎるんですわ。当たり前だけど。。。

で、地べたに置いて使っても使えないワケじゃないけどやっぱり低いのでGRID用にテーブルを用意しようかと。

最初はイチから作ろうとも思っていて、採寸なんかしている時にちょっと気がついたのです。

『鹿テーブル(小)とサイズが似てるんじゃね?』ってw

GRID
外形寸法:幅473×奥行252×高さ145mm(風防取り付け時)、幅468×奥行251×高さ116mm(風防不使用時)

鹿テーブル(小)
組立サイズ(約):幅440×奥行300×高さ200mm / 収納サイズ(約):440×300×厚さ55mm

 

・・・鹿テーブル、ちょっとちいせぇ。。。(泣)

奥行きは問題ないけど、幅が無理っす。約3センチ足りません。。。
実際に置いてみるとGRIDの脚が片方落ちちゃう感じです(写真なし)

でも鹿テーブル(小)にポテンシャルを感じたのでコイツにGRIDが載るようにしちゃうぞ!!

って事で、近所のホムセンにひとっぱしり行って、必要な材を集めてきました!!

そうそ、ナチュラムに載っていた鹿テーブルのサイズは奥行きが”約300mm”ってあったけどウチの鹿テーブルは304mmだったので、
シナベニヤ(厚さ5.5mm)のサイズは”500mm x 304mm”で切り出して貰いました!

その他に細い角材は12 x 12mmと 6 x 8mmだったかな?(汗)

角材の切り出しは自分でやって、板のコーナーはその辺にあった瓶の蓋を使ってラインを引いてからノコギリで落としておきます。

切り出しと同時に紙やすりをしておきました!

素人なんでこんなレベルですw

で、これを”イイ感じ”に接着して、いつものようにクルミオイルを塗って完成!!

裏側はこんな感じ。

 

これを鹿テーブルに載せていくと。。。

 

フヒヒ。。。どうじゃろな?

端材で下段も出来ちゃったぞw

 

5.5mm厚のシナベニヤなんで強度はないけど、ちょっとした物置きスペースとしては十分かと。。。

スペース的には鹿のミニシェラ3つとスノピのシェラが1つ載せられました!

 

そうそ、天板は細い方の角材でガイドレールみたいにしたのでズレませんよー!

では早速GRIDを。。。

GRIDはテーブルに固定してないけど大丈夫そうですね。

天板も鹿テーブルと”ツライチ”になっています!

これで便利になるかな?

材料費も1000円くらいだったので、GRIDのお持ちの方はもちろん、
鹿テーブルをちょっとカスタムして見たい方にもオススメですw

—–

スノーピーク 60周年記念 ミニシェラカップ E-164

スノーピークの『60周年記念 ミニシェラカップ E-164』を無事入手!
発売開始に気付いた時にはすでに、amazonや楽天で売り切れたのでちょっと焦りました。。。

ニワカスノーピークファンとしてはやっぱり入手しておきたい一品です!(鼻息)

ステンレス製のシェラカップに60周年の刻印がありますよー!!

でもコイツ、シェラの内側にある目盛りを見てもらうと判るけど、
本当にちっちゃいんだよね。。。

儀式用かな?

正直、実用性は全くありません。
オフィシャルサイトには、

『満水容量は60mlで、お猪口の代わりに日本酒を入れ熱燗にしたり、計量スプーンとして使用したりいろんな使い方ができるシェラカップです。』

とあるけど、私にはいろんな使い方が思いつきませんでした。。。

まぁ、2個買ったけど(笑)

いつものようにそのまま謎ボックスにポイーですw

ちなみにこれを買ったのは新宿ビックロの地下三階にあるスノピストアで、
2018年の10月27日の時点でまだいくつか残ってましたよー!

—–

コッチの方が実用性ある?

 

ELEMENTさんで車中泊するぞ その4(完成?)

シリーズ
ELEMENTさんで車中泊するぞ その1
ELEMENTさんで車中泊するぞ その2
ELEMENTさんで車中泊するぞ その3

—–

ってなワケで制作開始からすでに3週間も経ってますが、
本日なんとか”一応”の完成となりました!!

前回の仮組み時に急遽天板を2分割にした為、後部座席側に傾斜が発生してしまいました。。。

それをリカバリーする為にフレームを延長する事にしましたよー!

延長したフレームは接着していないので、くるりと回して折り畳めます。
これで収納問題もクリアですw

あと、ちょっと細かい事なんだけど、
後部座席を前後にスライドしても水平が保てるように、長さが違う脚も用意しておきました。

これでラゲッジスペースの荷物の増減と、リトルの成長に合わせてベッドの延長に対応できるはずですw

そうそ、冒頭に”一応”と書いたのは、現在、天板の固定パーツをまだネジ止めしていないのです。。。
もうやっちゃっても大丈夫だと思うんだけど、
来週実際に車中泊する予定なので、確認しながらネジ止めしてやりますです。

あと、ちょっと気になってるのは、組み立てのパーツ点数が多い事。。。
脚パーツが大きく分けて3種類あって、そのほかに1箇所だけ運転席側と助手席側で脚の長さが違う場所があるのです。

流石に私は把握できてるけど、リトルに説明するのはちょっと面倒だし、なかなか覚えてくれないと思うし。。。(泣)

なので、テントのポールとスリーブの組み合わせを示すアレみたいに、
シールやテープで目印を付けてやろうかなと思います。

次回は実際に車中泊をしてみての感想をまとめたいと思いますー!!

  

ポールの収納袋を縫ってみた!

厚手の端切れでこんなの縫ってみた!

 

100mm x 50mmの端切れが296円でしたw

採寸した寸法に少しだけ水増ししておいたので、
コイツが3セット入りますw

私に裁縫スキルがあれば円柱状にするのだけど、
シワを寄せながら縫うっていうアレ、苦手なのです。。。(汗)

UNIFLAME スチールタープポール 180cm2本組【ナチュラム別注】

先日届いたMINTSALOONのフロント跳ね上げ用にポールを買いました。

ルックス的にはシルバーや赤いポールの方が似合うんだろうけど、TATONKAのサブポールにも使いたいので黒のコイツにしましたよ。
まぁ、安いってのもあるけど。。。w

ちなみにナチュラムのサイトには”UNIFLAME製”とドヤ顔で謳ってますが、パッケージにはUNIFULAMEのユの字もありませんw

しかも中華生まれだしwww

まぁ、2本で1980円なのに文句言うなってハナシなんですけどね。

パッケージはちょっと厚めのビニールなので、このまま運搬しても良さそうだけど、ちょっと悲しい。。。

なので後日、あともう1セット一緒に入るような大きさの収納袋でも縫ってみようと思います。

肝心のスペックは、

  • サイズ:φ19×1800mm
  • 材質:スチール
  • 重量:約0.8kg

で、ショックコードで繋がった3分割式です。
ドローコードを切っちゃえば、中間を使わずに120cmポールとしても使えるのかな?

そうそ、先っちょが妙に長いのはなんでだろ??

もしかしてこういうのを挿すようなんかな??

反対側(地面側)はこんな感じ。。。

ふむふむ。。。

サブポールだし、必要十分っすね。

 

あ、直径20mmくらいだったら木材の丸棒買ってきて自作するってのもアリだなー
サブポールだしタモを使うまでもないだろうし。。。


MINT SALOONが届いた!!

つー事で無事に届きました!!

いやぁ、コイツが去年発売になった時から気になってたんですよねぇ。。。
この白樺プリント(正しくはアスペンプリントっていうらしい)、全くもって謎ですもんw

正直、使い勝手なんかは悪そうだし、なんでこんなの買ったの?ってみなさん思うだろうけど、
最近のマイブームである『ELEMENTで車中泊するぞ!』にちょっと関係があるのです。。。

まぁこの画像を見てくださいな。
まずはELEMETさんのサイズから。。。

そしてミントサルーンのサイズはこんな感じ。。。

 

 

で、それぞれの画像の寸法を揃えて並べるとこんな感じ!!

こうして見ると一目瞭然ですな。
ELEMENTのサイドドアとミントサルーンの大きい方の出入り口のサイズがほとんど一緒なのです!!

そうです!ミントサルーンをカーサイドタープをして使ってみようという野望ですw

小さい方の出入り口がメインになるので、残念な開放感になるのは間違いなさそうですが、
これからの季節的には良さそうな気がします(←無理やりw)

ちなみに、この画像みたいにサイドを巻き上げる事が出来るようなのでこうしちゃうのもアリですなー

ちなみに別売のフットプリントがあればこんな地べたスタイルも可能らしい。。

うはー!買う、絶対買うwww

ビッグアグネス BIG AGNES ミントサルーン専用フットプリント TFFMINT17 【TENTARP】【MATT】 テントアクセサリー フットプリント グランドシート テントシート

早く試し張りに行きたいなー!!

—–

 

 

—–

<< 追記 >>

跳ね上げ用のポールを追加しておきますかねー

ELEMENTさんで車中泊するぞ その3

シリーズ
ELEMENTさんで車中泊するぞ その1
ELEMENTさんで車中泊するぞ その2

—–

前回の”その2”で完成予想図をレンダリングしたので、
今回はいよいよ部材の切り出しと仮組みをしてみました!!

基本的な構造はそのままに、なるべくパイプの切断箇所を抑えるように調整してフレームを組み立てました。

では実際にフレームを設置してみます。

基本的には左右同じパーツ構成なんだけど、
真ん中の脚の設置先がドリンクホルダーになるため、少しずらす必要がありました。。。

一箇所だけ脚の長さが変更になるので調整しなくちゃです。(写真は1本外した状態)

 

次にOSB合板を載せていきますよ。

長辺が170cmになるので、現場(ホムセン)判断で55+155cmの片側2ピース構成にしました。
このサイズにしないとウチのTHULEに入らなかったのでー(汗)

そうそ、合板はハンドル周りや内装に合わせてざっくりですが切り欠きをしましたよ。

合計4枚の合板を載せた状態がこれ。

まぁ、悪くないですが、ここで問題が。。。

合板を分割したせいで傾きが生じてしまいました!!

試しにリトルに寝てもらうと、はやり頭が少し落ちるようです。

あと、リトルが成長して身長が伸びたらどうしようかと。。。(滝汗)

リトルの身長問題は、後部座席を下げたら15センチほど確保できそうなので放っておくとして、
傾斜は確実になんとかしないといけません。

いろいろ考えた結果、ここはフレームを延長するのが最善策なように思ったので早速。。。

左側に延長した部分が後部座席の座面に掛かる部分です。
計測した結果、7cmの嵩上げが必要でした(汗)

延長した部分は折り畳みできるようにしたのでパーツ構成が増えたものの、THULEに積載可能です!!

んで、分割した天板を載せるとこんな感じになるはずです。

フヒヒ・・・完成間近だぜ!!

って事で、OSB合板の面取りとコーナーの処理をして紙やすりしておきました。

そうそ、買いたてのOSB合板は接着剤の匂いがキツいので、風通しの良い場所で3日から7日ほど放置すると良いらしいですよ。

匂いが落ち着いたら断面にオイルでも塗ってみますかね。

次回、完成するかもー!!

ELEMENTさんで車中泊するぞ その2

シリーズ
ELEMENTさんで車中泊するぞ その1
ELEMENTさんで車中泊するぞ その2
ELEMENTさんで車中泊するぞ その3
ELEMENTさんで車中泊するぞ その4

ELEMENT用ベッドキットですが、”その1“でラゲッジに箱を作ってそこにベッドを連結。。。みたいな事を書きました。

んで、とりあえず買ってきた部材を仮組みしてラゲッジスペースに設置してみたところ、
ピッタリ上手くシンデレラフィットしたんですが、なんかどうも使いづらそうなのです。。。

っていうのも、通常時のELEMETさんのシートはこんな感じなのです。(画像はHONDAサイトから無断転載)

前列シートのヘッドレストを外して、前後どちらのシートも倒すとフルフラット状態になるワケです。

この状態で、後部座席のシートからラゲッジスペースまでを使ってベッドにしようと思っていたんです。

が、ここで一つ問題が。。。

この方法だと後部座席の背もたれを倒すのが必須なワケでして、
そうなるとラゲッジスペースにあった荷物はどこかへ移動してからじゃないと背もたれを倒すことができません。。。

これがすこぶる面倒な気がしてきました(滝汗)

超めんどくさがりの私がいちいち荷物を下ろしてどうのこうのなんてやるワケがないので、
なんとか回避するべくいろいろ考えたのが下の状態です!

この状態でベッドキットを設置できれば、ラゲッジスペースの荷物を触らずに済みます!!

で、計測した寸法とエレクターのパーツの寸法を元に図面を起こし、
そのデータを3dsmaxVrayでレンダリングしてみました!!(笑)

まずはベッドキットのベースになるものがこんな感じ。

移動時はこの状態でThuleのジェットバッグに積んでおきますよ。

で、6本の脚を挿して、筋交いをハメておきます。

左半分がシートのおしり部分で右半分が背もたれの部分になりますです。

あ、もちろん2セット用意します!!

 

必要であれば別途用意するパーツで2つを連結して、ちょっとだけ剛性を上げる事ができるかも。。。

で、最後にOSB合板を乗せてベッドキットの完成!!

右側にハミ出した部分は後部座席のシートに乗るワケですな。
これで約175cmほどを確保できました!!(ただし助手席側のみw)

普通はOSB合板にクッション材を挟んでソフトレザーなんかでソファみたいな仕上げをするようですが、
そんなの面倒なのでヤスリがけ程度で終わらせる予定です。

どうでサーマレストで寝るんだしw

そうそ、OSB合板は左右で分割するので、ソロの時なんかは助手席側だけ設置する事も可能です!!

 

ついでに合成した状態も描いてみたよ。

まずはベースを設置した状態!

OSB合板を載せて完成!

後部座席シートに乗る分の沈み具合などちょっと心配ではあるけど、
最悪、別もう一つベースを作っちゃえば良さそうなので、これで組んでみようと思います!!

いやぁ、楽しみ楽しみ。。。

—–