GRIDを鹿テーブルに置きたい



SOTOの2バーナー、GRIDを何度か使ってみたのだけどね、あれってテーブルなんかの上に置いて使わないと低すぎるんですわ。当たり前だけど。。。

で、地べたに置いて使っても使えないワケじゃないけどやっぱり低いのでGRID用にテーブルを用意しようかと。

最初はイチから作ろうとも思っていて、採寸なんかしている時にちょっと気がついたのです。

『鹿テーブル(小)とサイズが似てるんじゃね?』ってw

GRID
外形寸法:幅473×奥行252×高さ145mm(風防取り付け時)、幅468×奥行251×高さ116mm(風防不使用時)

鹿テーブル(小)
組立サイズ(約):幅440×奥行300×高さ200mm / 収納サイズ(約):440×300×厚さ55mm

 

・・・鹿テーブル、ちょっとちいせぇ。。。(泣)

奥行きは問題ないけど、幅が無理っす。約3センチ足りません。。。
実際に置いてみるとGRIDの脚が片方落ちちゃう感じです(写真なし)

でも鹿テーブル(小)にポテンシャルを感じたのでコイツにGRIDが載るようにしちゃうぞ!!

って事で、近所のホムセンにひとっぱしり行って、必要な材を集めてきました!!

そうそ、ナチュラムに載っていた鹿テーブルのサイズは奥行きが”約300mm”ってあったけどウチの鹿テーブルは304mmだったので、
シナベニヤ(厚さ5.5mm)のサイズは”500mm x 304mm”で切り出して貰いました!

その他に細い角材は12 x 12mmと 6 x 8mmだったかな?(汗)

角材の切り出しは自分でやって、板のコーナーはその辺にあった瓶の蓋を使ってラインを引いてからノコギリで落としておきます。

切り出しと同時に紙やすりをしておきました!

素人なんでこんなレベルですw

で、これを”イイ感じ”に接着して、いつものようにクルミオイルを塗って完成!!

裏側はこんな感じ。

 

これを鹿テーブルに載せていくと。。。

 

フヒヒ。。。どうじゃろな?

端材で下段も出来ちゃったぞw

 

5.5mm厚のシナベニヤなんで強度はないけど、ちょっとした物置きスペースとしては十分かと。。。

スペース的には鹿のミニシェラ3つとスノピのシェラが1つ載せられました!

 

そうそ、天板は細い方の角材でガイドレールみたいにしたのでズレませんよー!

では早速GRIDを。。。

GRIDはテーブルに固定してないけど大丈夫そうですね。

天板も鹿テーブルと”ツライチ”になっています!

これで便利になるかな?

材料費も1000円くらいだったので、GRIDのお持ちの方はもちろん、
鹿テーブルをちょっとカスタムして見たい方にもオススメですw

—–



Byer of Maine Eastport Table

久しぶりにテーブルを買いましたー

フヒヒ・・・

ロールトップじゃなく、『超☆ローテーブル』の方ですよw

 

パンジーンシリーズなんでご多分にもれず、こいつもベトナムさんですw

 

では、御開帳ー!

ふむふむ。。。

まず思ったのは『デッカ!!そしてクッソ重い!!』です・・・

なのでちょっと日本代理店のサイトでスペックを確認してみますよー!(←今更w)

■使用時サイズ:70cm×51cm×20cm
■収納時サイズ:70cm×51cm×7cm
■重量:約6.2kg
■木材質:ホワイトアッシュ

なるほど・・・これはデカいし、重いですわwww

この天板の大きさで高さが20cmしか無いってのが特徴やね。
正直、”地べたスタイル”じゃないと使いづらいっしょ、コレwww

徐々にハイスタイルが流行ってきてるってのに、
逆に超ロースタイルを放り込んでくるByerの判ってない感じ・・・案外好きですw

ちなみにペラ1の説明書みたいなのが入ってましたよ。イラネー

 

そうそ、パンジーンシリーズなんで、仕上げはいつものように面取りしてそのまんまっすー(笑)

 

って事で、スツールの時と同様にクルイオイルを塗り塗りしておきますよー!!

ウェスはリトルが着れなくなったTシャツw

本来であれば脚を取り外すべきなんだけど、面倒なのでそのままヌリヌリ・・・

少しづつ丁寧に塗り拡げて、新しいウェスで拭き取りました。

これを数日かけて数回繰り返す予定です。。。

トホホな仕上がりのパンジーンシリーズだけど、こうやって手を掛けてやれば愛着が湧くってもんですよ(本当か?w)

 

安い!!

 

Barebones Living Beacon Lantern

ちょっと前に届いていましたが放置してました。。。(汗)

A&Fが日本代理店になったとのアナウンスがあってから、なかなか市場に出てきませんでしたが、
ナチュラムに入荷したとの報告があったんで即ポチでしたw

ちなみに例によって中華生まれのようですが、取って付けたようなA&Fのシールも中華フォントでしたよ(笑)

で、これが御本尊で。。。

Barebones Living ビーコンライト (ブロンズ)

延長USBケーブルの他に、
多言語マニュアルとA&Fのオリジナルらしい説明書(日本語)も付属してました。

 

そうそ、本体側のコードが見当たらない!!と思ったら、
傘の裏に溝があって、そこに仕込んでありました!!

プラプラしてるもんだと思ってたんでこれは嬉しい誤算ですw

ちなみに私のような深爪おじさんでも簡単にケーブルを取り出すことができましたよー(←これって案外大切よね?w)

 

スイッチは傘上部です。

カラビナごと、くるっと回す感じですね。

 

んで、早速アイツを招集!!

うーん、イイ感じw

みなさんご存知のハーフトラック謹製ランプシェードですが、下から装着するか上から装着するかマジで悩むなぁ。。。

では早速、点灯させちゃうぞ!!

ほほぅ。。。ほやに施された微妙なカットにより光が拡散しているのが壁への映りで判りますな。
ちなみにコレ、私の業界ではコースティクスと言いますです(メガネをクイッっとしながら)

と、そんな事より問題はこのバッテリー残量表示の青いLEDっすよ!!
何これ、なんで青なの??死ぬほどダサいんだけど。。。(泣)

これは許せぬ、許せぬぞ!!って事で、ランプシェードは上からの装着に決定です!!

折角なんで、ランタンシェードと一緒にしまってあったSOL-036Cと並べて点灯してみました!
380ルーメンのSOL-036Cと220ルーメンのビーコンライトですが。。。

白色と電球色の違いがあるんで微妙だけど、正直ほとんど同じような明るさなんだがwww
(SOL-036Cはamazonの充電池を使用)

あ、今更ながらビーコンライトのスペックをおさらいすると。。。

■明るさ:30-220ルーメン
■LOW連続点灯時間:200時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)
■HI連続点灯時間:3時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)
■充電時間:4-5時間

という事なんで、この明るい状態では3時間しか点灯できないと。。。

ま、メインランタンとしては使わないので、半分くらいのパワーでのんびり使うのが良いと思います。

って事で、点灯実験はまた後日!!

概ね大満足なビーコンライトですが、テーブルランタンとして使いたい時に何か良い方法は無いかな?

と探していたところ、手元に丁度良いのがありました!!

なかなかの明るさですw

って事で、コイツは何台か追加するかもですー!(もちろんランプシェードも!!)

—–

BYER(バイヤー) パンジーン フォールディングスツール

って事で届きましたw

が、私がポチったのは折り畳みのスツールなはずなのに、届いたのはなぜか細長い箱。。。

こんな収納姿だっけな??マジで??なんて自分の記憶を疑いつつ、箱にあるラベルをチェック。

うーん、間違いなくフォールディングスツールって書いてるわー

で、中華っぽい(=安っぽい)段ボール箱を開けてみると。。。

ああ、組み立て式かー(棒読み)

 

しかもビスが長いよ。。。腕がパンパンになるやつだわ(泣)

 

んで、各パーツが揃っているかチェックしてみましたが、
流石に全部揃っているようです。やるね!ベトナム人!!

が、しかし!タモの時代のByer製品からもそうだったけど、表面の仕上げにちょっとなぁと思うところがあるのです。

なので、余っていたサンドペーパーで全てのパーツを丁寧にスリスリして、
仕上げにクルミオイルを塗り込んでやりますよー

上がスリスリ&オイル。
下がノーマル

これで汚れなんかも軽減できるはずです。

ちなみに脚の下部分、地面と設置する箇所に保護キャップなんかをする人も居ますが、
これに限ってはやらない事にしました。ええ、面倒なのですwww

で、早速組み立ててみます。

ビスの長さこそは一緒だけど、脚の長い短いなどの細かい記載がないので、
いきなり組み立てるのではなく、一度仮組した方が良いかもですね。

で、六角レンチの他に棒状のモノも入ってました。

 

ん?間違えて混入しちゃった??と思ったけど、多分コレです!

やっぱり電気だわー!!

って事で筋肉痛にならずに済みましたw

完成!!

しかし、思ってたより2割ほど大きい印象。。。(汗)

お陰で座りやすくもあるけど、クーラーボックススタンドに丁度良いかもw

まさかByer製品にURLがプリントされるとはねw

今週末のキャンプで早速使ってみようっとw


BYER(バイヤー) パンジーンA フォールディングスツール

定価 7,000円(税込7,560円)↓
ナチュラム価格4,241円(税込4,580円)
39%割引+127ポイント

HALF TRACK PRODUCTS Lampshade

って事で、我が家にもやっと届きましたよ!!

HALF TRACK PRODUCTS Lampshade
 

みなさんご存知のようにこのランプシェードはGENTOS SOL-036C用なんだけど、
前から愛用しているGOALZEROのLIGHT-a-LIFEにもピッタリなんじゃないかなーって思ってたんですよ!!

しっかし、やっぱり良いよね、このランプシェード。流石やわw

ウチのLIGHT-a-LIFEは2灯あるんで、もう一つ買わなくっちゃ!!

現在、再入荷しても速攻で売り切れてしまうようですが、なんとかして入手したいアイテムですなー

 

テーブルハンモック

かなり前から作ろうと思ってた、バタフライテーブル用のハンモック。。。

やっと作りました!

DSC04884

帆布を買ってきてテーブルのサイズに合わせて裁断。

端の処理をしながらm長辺にそれぞれパラコードを通しました。

DSC04885

 

パラコードの両端のループをテーブルの天板に引っかけて吊り下げるワケですな。

DSC04882

 

いろんな小物とかを放り込んでおけばテーブルの上がスッキリ!!

DSC04886

しかし、テーブルの上で飲み物なんかをひっくり返すとすべてハンモックに溜まるので大惨事になりかねません。。。
間違いなく、リトルがやっちゃいそうですもん。。。(汗)

なので、撥水加工やハトメで水抜きをするなんていうアイディアを頂きましたので、そのうち加工したいと思います!

 

ちなみにこんな感じに収納しておきますー

DSC04887

———-

IKEA VILDAPEL

IKEAの園芸コーナーでこんなの買ってきました。

DSC04877

IKEA VILDAPEL

よくあるプラントスタンドなんだけど、竹製なので質感がイイ感じですw

“パーツ取り”としても優秀っぽいwww

DSC04878

でも、天板が円形ってのはどうなのよ??
植木鉢用なのでこの形なんだろうけどねw

なので、バラして天板だけ交換しようかな?と思ったんだけど、接着剤+タッカー(?)でかなり強固に固定されている様子。。。

DSC04880

ぐぬぬ、、、どうしてやろうか。。。

DSC04902

って事で、とりあえず余分な部分を切ってみましたw

DSC04903

うーん、スッキリw

DSC04904

組み立てるとこんな感じに。

DSC04921

鹿ベンチのサイドテーブルとして活躍してくれそうですw

もう一台、買ってこようっとw

———-

スノコちゃん

リトルと工作しましたよー

DSC04621-001

いつものように節が多いヤツを選びました!

 

ホームセンターで1 x 1のSPF材を寸法通りにカットしてもらって、ヒノキの板を裏側から真鍮釘で打ちつけて完成!

面取りが一番面倒だったなー モチロンリトルは途中で飽きちゃうし。。。(汗)

DSC04622

サイズ的には450 x 210。鍋とフライパンを並べて置けるサイズです。
これを2つ作りました!

テーブルの下に敷いておくも良し、
テーブルが足りない時やテーブルを出すまでもない時など。。。

DSC04623
スノコっていくつあっても良いと思うのです(笑)

仕上げはウォルナッツオイル!

DSC04624

250mlなんで、1本あればしばらくは使えそうですなw

とりあえず3度塗りしたけど、あとは定期的に。。。

———-

BALLISTICS : BENCH CUSHION COVER (MICHELE)

無理なお願いをした日から一か月後、ついに届きました!!

10449032_602701036508550_1868441347_nBALLISTICS : BENCH CUSHION COVER (MICHELE)

ウチのEcdysis Benchはコーデュラナイロン製なので、
バリっとした張りのある質感がお気に入りだったんだけど、
今回はクッションカバーだけにコットン製です!!

でもこのコットンがなかなの手触りでナイスなんすよ!!
いやぁ、正直かなーり気に入ってますw

ちなみに、『今回のクッションカバーの柄をなんでダックハンターにしなかったのか?』っていうと、
BALLISTICSさんのベンチカラー説明を見ると判るんだけど、
コーデュラナイロンとコットンのダックハンターはちょっと色味が違うんです(前にも書いたけど・・・)

コーデュラナイロンのは茶色というかいわゆる暖色系で、コットンの方は緑系なんすよね。

この緑系のダックハンターも捨てがたいのだけど、どうせなら完全に緑系のMICHELEにしてみようかと思った次第です。

 

続きを読む

CAPTAIN STAG EXGEAR ロースタイル リクライニングチェア

ウワサの鹿チェアが届いた!!

10723989_317401841777209_981605658_n

で、肝心の座り心地は?っていうと、
予想以上に快適なんすよwww

座面のサイズも『 約470mm x 約360mm 』となかなかのワイド具合で、
小太りの私にも安心して座れますw

ちなみに座面高は『 約185mm 』なんで、かなりのロースタイルです。
脚を前に投げ出すように座る感じかな?
あとは浅く座ってあぐらみたいにするかなぁ。。。

ま、私はそのまま使うつもりなありませんので、
記念撮影が終わった所で早速バラしました!!

座面の左右2か所と背もたれの付け根の左右二か所がリベット止めなんで、ドリルでゴリゴリ・・・
肘置きの背中側は六角レンチが必要ですよー

で、折角バラしたんでついでと言っちゃアレだけど、
カーミットを張り替えた時に余った生地を使ってこんなの縫ってみましたよー!!

続きを読む