KELTY mirada tarpについて

先日のキャンプでKELTYのヘンテコタープ、mirada tarpを張ってきたんだけど、
2日間ずぅーっと強風“っていうナイスな状況だったおかげでいろいろ思ったことがあり、
忘れないうちにメモしておこうかと。。。

 

まず、ポールが安っぽいです。
メインポールなのに細いし、テンション掛けるとグラグラする始末・・・(汗)

値段的に(メーカー的に)も仕方がないんだけど、もうちょっとなんとかならんのかな?
『持ち運べる簡易タープ』みたいな位置づけだったら、むしろアルミポールがいいのにね。軽いし。

ってコストの問題なんだろうね。じゃ、仕方がないかー

 

なので、まずはメインポールをガイラインで引いてやるといろいろ良かったですw

DSC_0060

丁度、スノピの二股ロープが車に入ってたのでそいつでやってみたらガッチリ来ました!
ぐらつきもなくなるし、強風時にはマジでオススメです。

次は後ろ側の短いポールを引くガイライン。
コイツも最悪です(笑)

DSC_0067

テンションを掛けるためにとプラ自在をスライドさせようとすると・・・
スライド出来ません(怒)

妙に太いこのガイライン、どうも芯と外装(?)の部分が内部で寄れちゃうのですよ。。。
いつもみたいにスイーっと自在が動きません!!

なので、さっさと交換です! プラ自在もダメダメなので一緒にねw

 

以上の2点はやっておいて損はないはずです!
是非お試しくださいませ。

 

で、次。

側面にこんなループが2つあります。

DSC_0061

この2つをパビリオンでよくやるみたいに引いてやるとシェルター内が一段と広くなります。

風が強いときは、ポールを入れずにそのまま地面にペグダウンしてやると良いでしょうね。
って事で、ここにはこんなカラビナを付けたガイラインを常備する予定です。

が、カラビナが届くのにちょっと時間が掛かりそうなので、ガイラインだけでも用意しておきますよー

DSC_0083

一番右が短いポールを引くためのもの。これは付属のガイラインと同じ長さにしておきました。

側面のループを引くやつは各200cmにしてみたけど、もうちょっと長くても良かったかな?
でも、ポールを間に入れた場合、そんなに長くなくて良いしなぁ。。。ま、この辺は実際に張ってみないと判らんのでまた後で。

 

そうそ、裾のループの裏にこんなのあったけど、どうやって使うんじゃろ??

DSC_0074

グランドシートでもこさえて固定しろって事かな?
今度やってみようっと。

そうそ、このmiradaの寸法ってこんな感じなんすけどね、

79117_700

最近全然使ってない” ピルツ15専用ハーフインナー “が入ったら面白いんだけど、

そこまでこのタープに拘らなくていいような気もしてます・・・w

 

———-

浮いた!!

GW後半に帰省したんだけど、スケジュール的にキャンプは厳しそうだったんで、
最近のお気に入りである『Hoop Dreams 4』で遊んでみましたw

まずは普通に張ってみます。

DSC07929

相変わらず小さいっすね。。。

この状態だとチェアでゆったりなんてのは無理っす。

なので、実家の裏にあるモンベルに行ってこんなの買ってきました!

DSC07931

4mmのパラコードを12mと、アルミ自在。

これを2m x 6本に切り分けて自在を取り付け、ペグダウンするループに結びました。
んで、ポールを最大に伸ばして張り直すと。。。

DSC07933

ちょっと浮いた!!

40センチくらい上がったので、ベンチを入れても窮屈じゃありません。

DSC07934

もっと長いポールを使えばキノコみたいなパラソル状態にできそうなので、今度またやってみようっと。

風が無い時にね(笑)

———-

Marmot : Lair 8P

先日届いた大きな箱のアレ。
ガマンできずに張ってきました!!

DSC00988

流石にこの季節の若洲公園キャンプ場はガラガラっすねー

で、これが今回我が家が導入した幕。。。

DSC00989

Marmot : Lair 8P

 

随分前から嫁ちゃんに『寒くないテントじゃなきゃ冬はキャンプに行かない』と言われてまして、
寒いのを楽しみに行くのになぁ・・・とは思いつつも、新しい幕を探していたんです。

ま、ウチにはキャンプを始めた頃に買ったスノピのリビシェルがあるので、あれで十分と言えば十分なのだけど、
4人で『リビング+寝室』にできるか?って言われるとちょっと狭いのです。。。

そこでまず最初に思いついたのがHILLEBERGのATLAS

サイズ的にも予算的にも問題無し!気になるのは最近よく見かける事くらいです。
で、早速、ご意見番である亀吉さんに連絡して使い勝手などを聞いてみると。。。

『最近多いよねぇ。。。他のやつを探してみれば?王子には期待してるよー』との事。

ぐぬぬ・・『期待してしている』と言われたからには、違うのを探さないとです!(笑)
しかし、いろいろ探してみてもなかなか良いのは見つかりません。
SpaceStationは正直、予算オーバーだしなぁ・・・

そんな中、Zirkon 15が何度も”検討リスト”に乗るんだけど、
今回は自立式を大前提で考えているのでやっぱり却下なのですよ。

で、最終的にはDOME8Lair8Pの2つが残り、MONOLITHさんの以下のエントリを何度も何度も読み返して検討する事に。。。

THE NORTH FACE DOME 8 @ 琵琶湖岸
新旧比較☆ Marmot Lair 8P 現行モデル

さらにfuuさんに購入先など相談したりしているうちに、なんだかDOME8もいいなぁと思ったりもしましたが、

最終的には『前室が2つもあるの、なんか変じゃね?』という完全にネタな理由でLair8Pに決定したワケです(笑)

 

前置きが長くなりましたが、収納袋の中には本体とフライの他に、こんなのが入っていました。

DSC00990

左から順に、ペグ+ガイライン+プラ自在+リペアキット、フロアシート、ポール

ウワサ通り、マニュアルや保証書の類は入っていません・・・(汗)

オフィシャルサイトにも組み立て方などの記載やPDFもありません!

一応、エクスペディションなテントなので、『見りゃ判んだろ?』って事なのかもですね(笑)

 

ちなみにガイラインはリールでやってきましたw

DSC00992

リフレクション入りのガイラインの様ですが、漢字で何か書いてありますね。

“100y”ってのは100ヤード(約91m)の事だろか??

 

自在は後でスノピの三角プラ自在にでも交換してみようかなー

 

では設営していきます。

まずは本体(インナー)を広げますー

DSC00993

で、ポールを組んでいくワケですが、マニュアルが無いだけにどうしたものかと首を傾げました。

確か、最初にバッテンで組むはずなので、2本のポールだと・・・ん?

DSC00994

黒と金色どちらを使うか一瞬迷いましたが、本体のスリーブの色を見たらすぐに解決しましたよー(汗)

黒→金色→ピンクの順です。

 

チビと2人で時おり吹く突風にビビりながらも、なんとかインナーが立ち上がりました。

DSC00995

リトルはペグハンマーを振り回し、見えない敵と戦うのに忙しいようで何も手伝ってくれませんでした><

が、写真を撮っていたら、なぜか自分が張ったようにポーズを取るワケです(笑)

DSC00997

んで、初めてLair8Pを目にした私の第一印象は、『案外小さいな』でした。

 

最近よく使っているリビシェルのサイズが415 x 415 x 210cmに対してLair8Pは396 x 396x 244cmです。

30センチ以上も高さが違うのに、壁の角度がリビシェルの方が垂直に近いのでそう思うのでしょう。

ちなみにATLASは435 x 435 x 205cmなので、見た目の印象はこの3つの中で一番デカいと思います。

 

中に入ってみると、天窓があるからかリビシェルとは比べ物にならないほど明るいです。

DSC00999

 

裾も、リビシェルと違って幕の内側にもフラップがあるので、雨風の侵入が少ないと思います。

DSC01000

で、これまた突風の中苦労してフライを被せ、Lair8Pの特徴でもある『前後の前室』を設置してみました。

 

ええ、リトルが何かの決めポーズをしていますが、今回も彼は何も手伝ってくれませんでした(笑)

DSC01001

しかしびっくりしましたよ。フライを装着したら急にデカくなった気がします!!

この前室で寝るのは無理だけど、あのオーガナイザーを置いたり、パビリオンやシャングリラ8と連結して通路にするのもいいなぁ・・・(ニヤニヤ)

DSC01003

その後、奥に見える緑のアトラスの方が遊びにいらしたので、軽く自慢したり、

チャリで遊びに来たハジメンにラムを焼いたりしてたらどうにもこうにも風が強くなり、慌てて撤収してしまいました(滝汗)

 

今度は泊りでちゃんと使ってみたいですなー

DSC01008

そうそ、このテントの名前なんですが、

Lair=(野獣の)巣,穴.

という意味だそうです。読み方は”レア”が正しいと。。。私、恥ずかしながら”ライアー”と言ってました(汗)

“ライアー”だと、

Liar=うそつき

なワケでして、何のこっちゃ?って話なので、これからは『 ” れあはちぴー “です(キリッ) 』とドヤ顔で自慢する事にしますです(笑)

———-