tent-Mark DESIGNS ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version



届いた!!

tent-Mark DESIGNS ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

小さめのコットンタープが欲しかったんすよねぇ。。。
TatonkaのTarp3 TCは二人で使うにはちょーっとデカすぎるのです。 ↓

なので、ソロで張るとなんかバカっぽいんすよ。え?考え過ぎ??w

じゃー、ヒルバーグのTarp10張るかなーと思ってもあれだと焚き火出来ないしー

って事で、コレを買いました(笑)

で、これがご本尊。。。

ほー、収納袋がメッシュなんすねー

“焚き火臭”を抜くためなんかな?
あのニオイが苦手な人も居るしどうだろね?

そういう人はターポリンのバッグなんかで閉じ込めちゃうってのもアリだと思うけどw

TULSA TIME!!

これって何か意味があるんかな?すんません、知らないことばかりで。。。
クラプトンの曲??はて??

そうそ、スペック的にはこんな感じ。

●素材:コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)
●サイズ(約):390×380/240(幅)cm ●重量(約):本体/1,900g、総重量/2,150g

TATONKA TARP 3 TCは”396 x 396 cm”なんで、
縦横のサイズだけで比べるとほぼ一緒だけど、
実際に張ると、形状的にもこちらの方が小さい印象です。

ま、ソロ~二人用って感じですね。はい。

ちなみにこのムササビさんはベトナム産らしいです。

Circus TC SANDもベトナム産だったんで、不思議はありませんね。

 

そうそ、収納部袋にウェビングも付いてるけど、用途は不明です。。。w

 

写真を撮るの忘れたけど、付属のガイラインは白で、収納袋のロープと同じものでした。

ちなみに付属してるガイラインは6本で、オフィシャルサイトによると、

φ4mm×4.5m×1本

φ4mm×3.5m×3本

φ4mm×1.5m×2本

という組み合わせらしいです。

ガイラインと自在はは速攻で交換するつもりなので、長さだけ参考にしたいと思いますが、
サイド用(?)の1.5mってのがなんとなく短いような気がするのと、
メインポール用のは二股も用意しておきたいので、20Mのガイラインを注文しましたよっとw

仕様上の注意も付いてきましたよー

 

という事で、次回は『ガイラインの交換篇』でお会いしましょう!

お楽しみに!!

—–



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です