パル金 コンビニカップをXX(チョメチョメ)してみたw

商品紹介の写真からマットな質感だと思ってポチったパール金属の真空 コンビニ カップ。。。

このチープな光沢がどうにもこうにも許せないのでこうしてやったwww

続きを読む



STANLEY(スタンレー) スタッキング真空パイント

トドイータ!!

STANLEY(スタンレー) スタッキング真空パイント

 

容量は0.47リットルなんで、350mlの缶ビールなら余裕っすね。
500mlは微妙です。。。

保冷力はSTANLEYなんで大丈夫だろうと思いますが本当か?(笑)

ちなみに私が買ったのはマットブラックなヤツで、少し滑りにくく感じました。

普段、自宅で愛用している Klean Kanteenのインシュレートタンブラーと比べるとこんな感じ。

ほぼ一緒っすな。

次のキャンプに持っていこうっとw

缶で飲むよりタンブラーで飲んだ方がビールは美味しいからねー

楽しみ楽しみ。。。


STANLEY(スタンレー) スタッキング真空パイント

ナチュラム価格2,500円(税込2,700円)+250ポイント

石を補充

シングルバーナーなんかの点火に使っているIMCOのFlashMaster。。。

もう何年も使ってるのでサビが浮いてきちゃってます(汗)

ブリキみたいな材質なんで仕方がないんだろうけど、何か良い方法ないかなー

サビを落として防錆材でも塗っておくかな?うぬー

で、しかも、この前のキャンプで火花が出なかったのです。。。

なので、ライター用の石を補充しておきました。

 

このフラッシュマスター、残念ながらすでに廃盤で入手が困難なのです。。。

いくつか色違いでストックはあるけど、大事に使ってやりたいですな。

 

鹿 ラフィネ ソフトクーラーバッグ 15L M-1833

つー事で、届きました!

 

鹿のペラペラソフトクーラー、RAFFINE 15Lです。

ラフィネ ソフトクーラーバッグ 15L M-1833

パッケージにはいろいろ書いてあるけど、今回はクーラーとして使わないので完全スルーw

んで、これがご本尊。

これまたペラペラな底板が付属しますが、これで全然OKです。
これがあるのと無いのでは全然違いますもんね。

で、コイツを引っ張り出してきました。

かなり前のモデル・・・(汗)

ペラペラクーラーは大将のケースになるワケですよ。

ちなみにオフィシャルサイトによると、サイズは幅370×奥行180×高さ260mmとの事です。

大将はモデルによって微妙にサイズが違うので、購入の際はマイ大将の計測をお願いしますです。。。

 

ちなみにウチの大将はオプションのたこ焼きプレート6mm鉄板を追加したので、こんな状況です。

ちなみにこの鉄板を買ったお店、私が買った時は違う名前だったような気がするけど、どうやら新しくなったようです。

プロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテム。 イワタニ 炉ばた大将 炙家 W 専用グリルプレート 板厚6.0mm【あす楽対応】

鉄板をセットしたまま、たこ焼きプレートも重なるのでこの状態で収納したいですね。

 

でも、このままだと間違いなく崩れるので、ベルトで縛ってやることにしました。

ついでに、内側のバーナー保護板(?)もカチャカチャと鳴りそうなので、外に出しておきましたよ。
キッチンペーパーは緩衝材ですw

んで、収納するとこんな感じ。

うーん、バッチリ!

右側にあるCB缶の接続部の隙間にCB缶が2本入るスペースまであります!!

(この部分、新しい大将とサイズがちょっと違うのでご注意を。。。)

手元にCB缶が1本しかなかったので、焼肉のタレを差してみましたが、これはこれでアリだなw

いやぁ、見事にピッタリですわ。

最後に2mmの細引きを使って小細工しておきましたよw

これで長年の夢が叶いました(大袈裟)

ネタ元はコチラ!Tamaさん、ありがとうございました!!

—–

 

コールマン アウトドアタンブラー 10oz

なんか妙に安かったヤツ、買ってみましたよっと。

Coleman OUTDOOR TUMBLER 10oz

ガラス製だったらいいのだけど、『ガラス並みの透明度を誇るプラスチックタンブラー』だそうですw

ま、耐熱が100度らしいので、しんみりとお湯割りなんてもの余裕で行けそうですなw
死んだじーちゃんが、ガラスコップでお茶割り飲んでたのを思い出したよ。。。

そうそ、思ってたよりずぅっと質感は良いのです。

プラスチックなコップっていうと、子供用に割れないように肉厚で頑丈なイメージなんだけど、
コイツは普通に薄い感じになってますね。

あ、スタッキングもバッチリですよ!

ちなみに私が買ったのは10oz(約310ml)なんすけど、少し大きめの12oz(約370ml)というサイズもあります。
こちらは350mlの缶ビールに丁度よいサイズなんですな。

邪推だけど、
缶ビールがメインのアウトドアシーンなのに、
『タンブラーと言えば10ozだろうが!』と監修の先生がお怒りになられて、
しぶしぶ310mlなんていうクラスを作らざるを得ない状況になってしまったんじゃないですかね??

ニヤニヤしちゃうなぁ・・・w

—–

STANLEY グロウラーの実力や如何に!?

巷で大人気のSTANLEY グロウラーなんすけどね、
水筒として使うには勿体無いほどのスペックらしいので、アイスペールとして使おうと思っています。

が、はたして本当にアイスペールとして使えるのか?っていうのはまだ謎なので、
ちょっくらテストしてみますです。

dsc05674

がしかし、当方、行き当たりばったりの性格ゆえに予め氷なんて用意しているはずもなく、
我が家の冷蔵庫の製氷機生まれの氷でやってみますね(汗)

深夜2時にガラガラと大きな音をだしながらグロウラーに氷を入れてやりましたが、
容量2Lを満杯にすることはできず、もう一声ってところで冷蔵庫の氷がゼロに。。。

数時間後に起きてくる嫁ちゃんがアイスコーヒーに氷を入れないことを祈るばかりです(願)

dsc_0487

って事で、10月7日 午前2時、計測開始!!

そうそ、グロウラーはリビングの片隅(直射日光が当たらない場所)に放置しておきました。

 

で、私が起きた午前10時、8時間後の様子は?っていうと。。。

dsc_0489

ふむふむ。。。見た感じ、ほとんど変化は見られません。
グロウラーを降っても水の音がしないんだもんなー

優秀優秀。ま、この辺は想定範囲です。

 

で、8日午前2時。つまり24時間後。。。

dsc_0490

流石に氷の表面が凸凹してきたけど、全然余裕っすな。

さらに8時間後の8日午前10時。

dsc_0492

こう変化がないと面白くないですな。
だんだんチェックするのに飽きてきました(笑)

でも、ここまで来たら後には引けません。

って事で、ついに48時間後の9日午前2時。

dsc_0509

流石に溶けてきましたね。
目視では氷のつぶが半分近くまで小さくなっているように思います。

表面もザラザラしてて、いよいよ微妙な感じになってきましたね。

で、さらに24時間後の10日午前2時。

つまり、まる3日が経過した状態がコレ。

dsc_0515

ををを!3日経ってもコレかー!!
ちょっと衝撃的ですな。。。。

 

そしてさらに24時間経過し、実験もいよいも5日目に突入!!

見よ!これが96時間後、11日午前2時の姿だ!!(笑)

dsc_0516

殆どが溶けてしまったものの、まだ氷のつぶは認識できますね。

もうこの辺が限界かと判断し、リングにタオルを投げ込む気持ちで、
お皿に残った氷を取り出しました。

dsc05677

ほほぅ。。。シェラカップ半分くらいでしょうか?
でも氷として使うのならギリギリですよね?

正直、ここまで頑張るとは思っていませんでした。すげぇよSTANLEY!!
2日くらいは持つだろうなぁと思ってましたがまさかここまでとは!!

ま、氷の出し入れをしていないので、実際の使用時にはもっと早くに融けてしまうと思うのですが、
2泊くらいのキャンプなら余裕で美味しい水割りが飲めそうですw

いやぁ、良い買い物したわぁ。

実験に使用した氷はスタッフが美味しく頂きましたw


緑を買うなら間違いなく米amazonですよー!!

ちなみに”マットブラック”なんてのもあるし!!