SOLARPUFF ウォームライト



『実はすんげぇ使える』と個人的に超オススメしているソーラーパフの2代目が届きました!

色はもちろん『ウォームカラー』!!

折りたたんだ状態で収納しておきます。

いやぁ、便利っすわ。

見た目よりもずぅっと明るいし!

 

一応、スペックを載せておきますね。

商品詳細

材質:PET/PP
サイズ:縦11cm×横11cm×高さ11cm(膨らませた時)
本体重量:75g
LED:10灯(明るさモードは弱・強・点滅モードの3段階)
明るさ:強/90ルーメン、弱/60ルーメン
連続点灯時間:弱/12時間、強/6時間
使用電池:リチウムポリマー電池
電池寿命:約500回繰返し充電可能
保証:1年(ライト機能のみ)

 



AUKEY LEDランタン LT-ST23

つー事で、届いてます!!

 

パッケージはエコッぽいリサイクル素材で好感が持てますなー

で、これが御本尊。

思ってたより少し大きい感じです。
ちなみにamazonの商品説明にあるスペックはこんな感じ。

製品仕様

  • 輝度                  180ルーメン (Max)
  • 色温度              2700-6500K
  • CRI                  ≥ 80Ra
  • 入力                 DC 5V 1A
  • 消費電力           2W
  • 充電時間           5 時間
  • 連続使用時間       最高輝度5 時間/最低輝度80時間
  • バッテリーの容量   2200mAh
  • LEDのタイプ         SMD2835
  • LEDの数               29
  • 防水レベル            IP65-相当
  • 寸法                     95 x 95 x 75mm
  • 重量                     259g

要約すると、

『直径約10cmで最大輝度180ルーメンで5時間の点灯が可能でそこそこの防水性』

って感じ?w
ま、カタログスペックなんで、輝度と点灯時間は怪しいですがー

では細かいところを見ていきましょう。

まずは、本体底面にゴム製のフックが内蔵されています。

くぼみがあるので指でペロンとめくる感じです。

コレでどっかに引っ掛けたり吊るしたりするワケです。
ああ、どっかで見たような気がしてきたぞ。。。

そうそ、フックの下には充電用のUSBポートがありました。

USBポートの形状から判るように、入力(充電)用なので出力はできません。。。

あ、忘れてた!

これが付属してきたモノ達です。

左から、マニュアル、充電用USBケーブル、カラビナ、保証カード、金属の板(2枚)

マニュアルはマルチリンガルで後半に日本語がありましたー

で、謎の金属の板(2枚)は何に使うのか?ていうと、
本体側面にそこそこ強力な磁石が内蔵されているのです。。。

近づけると、ペタっと張り付きます。

金属の板には両面テープが貼ってあるので、これを使って壁なんかに金属板を設置し、
LEDライトをくっつけるという使い方ができるようですね。

アウトドア時にはあまり必要ないかもだけど、車載したりするには便利かもなー

で、点灯してみました!!

まずは白色。。。

うーん、無慈悲な白ですなぁ。

明るさはそこそこあるけど、やっぱりサブ照明ですわ。

ちなみに発光してる部分にセンサーがあり、タッチすると明るさが変化するそうな。。。

これって案外便利かも!!

 

電源ボタンを1回押して電球色にしてみました。

ふむふむ。。。悪くないです。普段はこれですな。

そうそ、折角なんでさっきの白も同じ感じで撮ってみましたよ。

参考になるかな?

で、さらに電源ボタンを押すとパーティーモードへw

なぜかいろんな色になりますw

使わないとは思うけど、”RGBカラーサイクリング”という機能だそうで、
手動と自動があるようです。

手動は好きな色を選択できて、自動はゆっくり刻々と色が変化します。

ええ、こんな機能、要りませんw

しかし、トータルで見たらかなり良い製品なんじゃないかと思います。
保証期間も2年だし!!

何かに似てるけど、価格と機能で言ったら断然このLEDライトの圧勝じゃないっすかね?

*のマークは無いけれどw

 

Barebones Living フォレストランタン LED

ベアボーンズリビングの大きい方のLEDランタン、フォレストランタンが届いたよー

ナチュラムで買ったんでもちろん正規品です!

 

では早速開けてみますー

最近、『充電してね!』っていうメッセージカードが入ってるの多くない?(笑)

で、これが御本尊。

大きくもなく、小さくもなく。。。

サイズは、高さ約24センチ、幅約15センチなので、数値だけでいうとニャーのフュアーハンドランタン276にとっても近いんだけど、
フォレストランタンは寸胴っぽいスタイルなんで大きく感じますね。

ちなみに他のスペックはこんな感じ。

素材:スチール、プラスチック、ゴムスチール
本体縁:ステンレス
ホウロウ加工
LED:5W Cree
明るさ:1-200ルーメン
LOW連続点灯時間:80時間
HI連続点灯時間:3時間
充電時間:4-6時間
充電性能:(入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下
防水性:IPX4(防沫形)
付属品:8Whリチウムイオン電池(内蔵)、充電用microUSBケーブル

そうなんすよ、最大輝度の200ルーメンだと3時間しか持ちません。。。(汗)

内蔵されているリチウムイオン電池の容量が8Wh(=約4400mAh)なんで、”5W Cree”というLEDは電気喰い虫なんかなー

ではお決まりの発光テストです!

まずは最大輝度!!

写真だと判りづらいけど結構明るいっすねー

今度はつまみを左に回して最小輝度!!

ふむふむ。。。常夜灯としては十分なんかな? でも、これって本当に1ルーメンなの??正直判らん。。。w

っていうかさ、そもそも、これって”電球色”?? 普通に”白昼色”に見えるんだが。。。(汗)

使っていて気になったらマッキーのライトブラウンで塗り塗りしてやろうっとw

そうそ、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このフォレストランタンって”バージョン2.0″なんすよね。
A&Fが代理店になる前のモデルは、最大輝度がもっと明るかったり、バッテリー出力があったり、充電コードが内蔵だったりしたみたいですが、
“2.0”からはバッテリー出力と充電コードが廃止になり、充電ポートが採用になりました。(充電用USBケーブルは付属)

バッテリー出力がなくなったのは賛否あるかと思うけど、
正直、USBケーブルなんてすぐにコネクターの付け根が断線しがちなのでこの点はナイスだと思います。

また、充電池は底面に格納されています。

ネジを2本外してアクセスできます。

が、ナニコレ!?

なんか知らない電池が入ってるよー!!

初めて見たわー

バッテリーにも4400mAhの文字が見えますね。

オフィシャルの情報ではないのだけど、今後このバッテリーが発売になるとか。。。

でもさ、どこのセルを使ってるのか判らないけど正直、
汎用の単三電池サイズが4本の方が嬉しかったんだけどなぁ。。。(泣)

最後に収納ケースを用意しますよ。

ニャー用に使っていたスノピのアレが自室に転がっていたので早速。。。w

高さは申し分ないものの、直径が大きすぎて無理っす!!

さっさと諦めてMOUNTAIN SMITHの350ml缶用ソフトクーラーでやってみます!

ソフトクーラーって何気にランタンケースに向いてるって知ってた?w

ほら、ピッタリだしw

隙間にはビーコンライトやランタンハンガーが入りそうなのでコレに決定です!!

—–

工作っていうか買い物w

リトルが夏休みの工作を作っている時、ヒマだったんで私も工作してましたw

ははは、工作って言ったけど、買ったものを組み合わせただけなんで『買い物』ですなw

900 x 30mmの丸棒に鹿のパラソル用ペグを使って、テーブル用のランタンスタンドにしようかと思ったのです。

鹿のパラソル用ペグは直径32mmまで対応しているので丁度良かったんですが、
こんなに長くなくてもいいのだけどなぁ。。。(汗)

そうそ、先っちょには6mmの穴を開けてガイラインを通し、Sビナを付けておきました。

こうすればランタンハンガーを使わなくてもLEDランタンくらいなら吊るせるかなーとw

 

ちなみに使用イメージはこんな感じー

来週のキャンプに投入してみるです!!
もしちゃんと使えそうなら、収納袋と連結して長くできるパーツを作ろうっとw

—–

UpperX 2台目!!

そういや2台目、届いてます!!

とりあえず確認しましょうね。

ちゃんと点灯しましたー!

でもさ、相変わらず不安になるくらいボタンを長押ししないと点灯しないよね?コイツw

って事で、テントの中とかに吊るしておくには丁度良いんじゃないかな?と思います。
モバイルバッテリー機能もあるし、これで500円ってwww

黒いランタンハンガー

届きましたー!

Perfectgoing ランタンハンガー

何気に真っ黒のランタンハンガーって珍しくないっすか?

商品説明によると、

取付可能ポールサイズ φ16~32mm

とあるので、基本的なテントやシェルターのポールに対応しそうですね。
ま、片方が φ16で、もう片方がφ32って事だけなんですがw

やっと週末、休みが取れそうなので、コイツらを組み合わせてゴニョゴニョしようと思いますw

ちなみに普通のランタンハンガー同様に、両端にはゴムの皮膜が塗ってありましたよー

こんなお値段なのに。。。w

黄金のアルコールランプw

いつポチったかも覚えてないし、いつ届いたのかも定かじゃなけど、こんなのがありましてね。。。

ま、漢字だらけの中華アイテムですわw

中から出てきたのは黄金ボディのコイツだ!!

ふむふむ。。。

説明書が無いので良く判らんけど、内蓋にある中央の穴は芯を出す用で、その隣は空気(通気)穴かな??

蓋の内側にはゴムのパッキンがありました。

燃料がもれないと良いのだけど、
パッキンは内蓋にしかなく、その内蓋には空気穴があるので。。。(汗)

そうそ、芯が付属してないので、焼豚用の綿紐で代用してみますです。

適当にカットして仕込みますー

そうそ、アルコールはどこにしまったかなー。。。

・・・あった!!

このビールの瓶、なかなか好きなんすよw
ちゃんと密閉できるし!

ちなみにラベル的にはセバスチャン グランクリュのコレも良いですな。
陶器だし!!

で、アルコールを適当に注いで内蓋を戻して準備完了!!

 

いざ、点火!!

はい。終了です(笑)

見事な赤火のアルコールランプでしたねぇ。。。

明るさで言ったら、マッチ棒くらいでしょうか?
構造上、2次燃焼も何もないので、当たり前ですな。

ええ、全く使いみちがありませんですw

リトルの火遊び道具にでもなってくれるといいのですがー(笑)

 


UpperX 充電式 LEDランタン

届いた!!

UpperX 充電式 LEDランタン

 

最近この手のLEDランタンばかり買ってるような気がするなぁ。。。

ま、いっかw

今回買ったヤツはこんな機能が付いてますよー!

充電式+キャンプ用ランタン+モバイルバッテリー!!

で、内容物はこんな感じ。。。

左から時計回りに、

ランタン本体
謎のナイロンベルト
USBケーブル
日本語マニュアル

です。

マニュアルには大した事が書かれていないのだけど、
製品仕様が載ってましたよ。

発光が白色で200lmって事と、
4000mAhのバッテリーは1.0Aでしか出力できないって事が判りますなー

ま、4000mAhって書いてても実際は3000mAh以下だろうし、そもそも期待してませんw
リトルの3DSがちょっとでも充電できたらいいんじゃないっすかねー(鼻ホジ)

で、これが本体。

正直、デザインは悪くないと思うのです。

早速点灯しますよー!ポチッとな!!

・・・あれ?点かない・・・??とポチポチしても点灯しません!!
でも、上面のバッテリー残量のランプは光ってるので故障はしてないと願いたい。。。

ならばと電源ボタンを長押ししてみると。。。

点灯した!!

えー、長押しで消灯は判るけど、点灯するのに長押しってまじ??
ちなみに私の腹時計で計測した結果、点灯消灯どちらも3秒ほど長押しが必要でしたーw

まぁ、仕様だからといえば仕方がないです。慣れるしかないです(笑)

ちなみに電源ボタンの反対側にはUSBポートがありました。

左が出力、右が入力(充電)

で、上面には吊り下げ用のフックがあります。。。

しかしながら、このままでは相手がフックじゃないと吊り下げできません!!

なるほど!ここであのベルトが登場するのかー!!

縫製がマジクソだけどな!!

これで安心して吊り下げできます!!

ってなんだこれ?余裕でポイーだわw
ヒマがあったら縫い直してやりますかねー

なんていろいろ書きましたが、

『4000mAhのモバイルバッテリ機能が付いてる200lmのLEDランタンが1500円』

って事を考えると文句なんか言えませんね(笑)

みなさんもおひとつ如何ですか?

—–

MAGNA 電撃殺虫器

ウワサのアレ、届いたぜ!!

MAGNA(マグナ) 電撃殺虫器

最近の中華アイテムよろしく、パッケージは一見ちゃんとしてますな。
マットな仕上げは明らかに何かを意識してそうw

で、裏側を見たら早速ボロが出てた!!

“蚊を殺す”って・・・

商品パッケージにはなかなか使わない単語がまさかの2行目に登場してますな。
フォントがちゃんとしてるだけに、ただただ首をひねるばかりですわw

そうそ、amazonにはコイツの他にそっくりなんだけどロゴが違ったり、
色が違ったりするのがいくつか見つかりますが、

唯一コイツだけ、”国内メーカー保証“を謳っていましたし、商品説明にもサポートの連絡先電話番号があったりと、
中華アイテムな割にはちゃんとしてそうなのでコイツにした次第であります。
(ちなみに電話番号で検索すると楽天のこんなお店に辿り着きました)

ま、中華イジリはこの辺にしておいて、早速アンボックスですー

『中華業者は返品されたものを普通に次の客に発送するらしいよ』ってのを聞いてから、慎重に開けるようにしてますw

今回届いたのはなんとなく新品っぽいですよ・・・(笑)

 

内容物はこんな感じ。

本体の他に、
日本語説明書、USBケーブル、アルミ製カラビナ、掃除用ブラシが入っていましたよ!

掃除用ブラシが入ってるんだからさぞかし殺虫能力があるんでしょうねぇ。。。(ニヤニヤ)

ちなみに日本語説明書はちょっとだけ怪しいフォントだけど、内容はちゃんとしてましたw

各スペックは鵜呑みにしちゃいけないよ!!

でも、一応書き出しておくと、

ランタン

最大輝度=180lm (持続時間=4時間~)
通常輝度=90lm (持続時間=8時間~)
最低輝度=30lm (持続時間=2-時間~)

蚊取り=20時間以上

充電時間=3時間

防水

だそうです。ふーん。

で、実際に手に持ってみると思ってたよりちょっとだけデカい印象。。。

先日買ったビーコンランタンより大きいっすね。

上部には『キッズ厳禁』のシールがありました。

このシール、いいなぁw

その上部には折り畳み式の半リングがあり、それにはフックが内蔵されてましたよ。

このフック、折れる事はなさそうだけど、どうだろうね?

折角なんで付属してたカラビナを装着してみると。。。

うん、ダサい。。。知ってたwww

こんなのは使わないので即ポイーですわ。

で、充電ポートもここにありました!

おいおい、これで防水ってマジかよー!!と、
1人でひっくり返ってみたけど、深夜2時なんでリビングには誰も居ませんです(泣)

防水どころか防滴も怪しい気がしますよー(笑)

で、スイッチは2つ。

左がランタンで、右が『蚊を殺す』ボタンw

判りやすいのは良いですね。
ま、間違えても特に問題は発生しないけどw

まずはランタンを点灯させてみます。

ほほぅ、思ってたより明るいっすね。
電球色じゃないのが残念ですが、こっちの方が蚊が集まるのかな?
(そこまで考えて無いと思うのに5万ガバス。。。)

続けて『蚊を殺す』ボタンをスイッチ・オン!! 『蚊を殺す』という単語が好きじゃないので以下、『電撃モード』にしますw

えー!電撃部分の方がランタンより暗いのか。。。

あ、光の波長的に蚊の目には電撃部分が良く映るとか??

このワイヤに蚊が触れるとバチっと逝っちゃうんでしょ?ほえー怖いっすねぇ。。。

マニュアルには『グリッド電圧=1000V以上』とあったけど、どんくらいの強さなんじゃろな?
っていうか、そもそも『グリッド電圧』ってどういう事??

まぁ、いっか、どうせ効かなそうだしwww

 

ちなみにランタンのほや部分はシリコン系の素材でできてるのでプヨプヨしてます。

使ってたら黄ばんできて電球色にならんかな?ならんよなー(笑)

 

実戦投入前に、我が家のベランダにブラさげて殺虫効果を調べてみたいので充電しておきますよー

この状態で就寝。。。

で、翌朝!!

充電完了を表すグリーンランプになってますなー

つー事で、次回は実験結果を大公開しまーす!!
お楽しみに!!

Barebones Living Beacon Lantern

ちょっと前に届いていましたが放置してました。。。(汗)

A&Fが日本代理店になったとのアナウンスがあってから、なかなか市場に出てきませんでしたが、
ナチュラムに入荷したとの報告があったんで即ポチでしたw

ちなみに例によって中華生まれのようですが、取って付けたようなA&Fのシールも中華フォントでしたよ(笑)

で、これが御本尊で。。。

Barebones Living ビーコンライト (ブロンズ)

延長USBケーブルの他に、
多言語マニュアルとA&Fのオリジナルらしい説明書(日本語)も付属してました。

 

そうそ、本体側のコードが見当たらない!!と思ったら、
傘の裏に溝があって、そこに仕込んでありました!!

プラプラしてるもんだと思ってたんでこれは嬉しい誤算ですw

ちなみに私のような深爪おじさんでも簡単にケーブルを取り出すことができましたよー(←これって案外大切よね?w)

 

スイッチは傘上部です。

カラビナごと、くるっと回す感じですね。

 

んで、早速アイツを招集!!

うーん、イイ感じw

みなさんご存知のハーフトラック謹製ランプシェードですが、下から装着するか上から装着するかマジで悩むなぁ。。。

では早速、点灯させちゃうぞ!!

ほほぅ。。。ほやに施された微妙なカットにより光が拡散しているのが壁への映りで判りますな。
ちなみにコレ、私の業界ではコースティクスと言いますです(メガネをクイッっとしながら)

と、そんな事より問題はこのバッテリー残量表示の青いLEDっすよ!!
何これ、なんで青なの??死ぬほどダサいんだけど。。。(泣)

これは許せぬ、許せぬぞ!!って事で、ランプシェードは上からの装着に決定です!!

折角なんで、ランタンシェードと一緒にしまってあったSOL-036Cと並べて点灯してみました!
380ルーメンのSOL-036Cと220ルーメンのビーコンライトですが。。。

白色と電球色の違いがあるんで微妙だけど、正直ほとんど同じような明るさなんだがwww
(SOL-036Cはamazonの充電池を使用)

あ、今更ながらビーコンライトのスペックをおさらいすると。。。

■明るさ:30-220ルーメン
■LOW連続点灯時間:200時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)
■HI連続点灯時間:3時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)
■充電時間:4-5時間

という事なんで、この明るい状態では3時間しか点灯できないと。。。

ま、メインランタンとしては使わないので、半分くらいのパワーでのんびり使うのが良いと思います。

って事で、点灯実験はまた後日!!

概ね大満足なビーコンライトですが、テーブルランタンとして使いたい時に何か良い方法は無いかな?

と探していたところ、手元に丁度良いのがありました!!

なかなかの明るさですw

って事で、コイツは何台か追加するかもですー!(もちろんランプシェードも!!)

—–