拾う神あり。。。(嬉)

先日、月夜野の利根川で盛大に溺れた際、最後の最後でパドルを流してしまったワケですが、
実はその翌日、とある方に教えて頂いたURLを覗いてみるとなんと!!

私のパドルを回収してくれている方がいらっしゃいました!!

そのお方、奥多摩でカヤックのインストラクターをされている方で、
私が月夜野のケンタッキーを食べながらフリップした現場を眺めていた時、
颯爽と駆け抜けていったガチカヤック御一行が居たのですが、その先頭のガイドさんだったようです。。。

偶然なのだけど、以前からこちらのガイドさんは知っていて、
近いうちにレッスンを受けようと思ってたんですよ。いやぁ、世の中狭いですなぁ。

で、早速連絡し、次の週末にショップにお邪魔して引き取ってきましたよー!!

テトラに引っかかっていたとの事で、なかなか貫禄があるお姿になってはいるものの、
割れなどはなく問題なく使えます!!(泣)

って事で、早速練習に行ってきまーす!

ご協力くださった方々、本当にありがとうございました!!

パドル業界、素敵な方イッパイです!!

ポリプロピレン頑丈収納ボックス・特大

結局、70Lのを買いなおしました。。。

 

お陰様でパックラフト一式がまるっと入りましたよー!!

いやぁ、便利ですなぁ。。。

同じ色のを買いなおすのがなんとなく嫌だったんで、無印良品で売ってる”白”にしましたよー

ちなみに無印良品のネットサイトで買うと2600円だったりしますw

  

防水ケース?

amazonにこんなのあったんでポチってみたw

 

4箇所のバックルで止まってますな。

 

開くとこんな感じ。

ぐるりと一周パッキンがあり、防水性を上げているようです。

内側は上下にウレタンが張ってあり、中のモノを挟み込んで動かなくするってワケです。

そんなケースを何に使うのか?っていうとこんな感じで使おうかと。。。

GoproのバッテリーとmicorSDを入れておこうかとー

しかし、問題は本当に防水なのか?ってハナシ・・・

正直、ノーブランドの中華クオリティなんて全く期待出来ません!!

実戦投入する前に中にティッシュでも詰めて、お風呂や洗濯機でテストが必要ですな。
基本はバウバックっていう防水のバックに入れているので問題はないと思うのだけど、
バッテリーなんで念には念を。。。

ちなみにこんなステッカーが付属してました。

 

黄色いブランクのヤツには、油性ペンで書き込みが出来そうです。

ま、このケースは一つしか持っていないので書く必要がないのだけどーw

ケースの片側にはループが2箇所あるので、カラビナを付けたり、細挽きを通したりと出来そうです。

さてと、浸水テストしてきますねーw

—–

パクりネタ

うっちーに教わってプチ改造してみたw

 

改造ってほどの事じゃないのだけど、こんな感じw

これまではポンプのノズルにホースをただ差し込んだだけだったんで、
スコスコやってる途中でホーズが外れちゃったりしたんです。

なので、タイバンドを2本使ってかしめてやりました。

これでホースが外れづらくなるワケですなー

 

ちなみに先日使ってって思ったのだけど、Alpackaに乗船中にポンプを使いたい場合、
あと20センチほど長いほうが使いやすいかもです。

現在35センチなので都合55センチかな?
今度ホームセンターに行ったら買ってこようっと。

—–

Alpackaraft Whitewater Foot Brace

AlpackaraftWhitewater Foot Braceを出したっていうんで、早速買ってみましたよ。

って事で、早速おフネに取り付けてみます!!

まずはフットブレースの位置を確認しつつ、追加購入したアタッチメントループの取り付け位置を確認しますー

余裕がありそうでなさそう。。。ちょっと心配。。。

サーマレストのマットを外して、バミってみるも、
これじゃ正確な位置が出ないのでダメだコリャ。

 

なので、今度は油性マーカーを使ってバミりました!

どうせマットを敷いちゃうしー

で、いよいよ接着です!

Alpacka社が推奨しているロックタイトの接着剤は手に入らなかったので、
サニーエモーションさんで使用実績があったらしく、岡山のタツローくんにも勧められたコイツで!

すみません、セメダインの説明にあるんだけど、

『PPXプライマーは、長時間放置すると効果がなくなるので、塗布後1分以内に接着するようにしてください。』

っていうんで、写真を撮るヒマなんてありません!!

高速でプライマーをおフネとループの接着面、どちらにもヌリヌリした後、
接着剤をループ側にだけ塗って貼り付け!!

右側にちょっとだけハミ出したけど、まぁ大丈夫でしょうw

海外のサイトでは美顔ローラーみたいなのでコロコロして圧着してたけど、
我が家にはそんなの無いので、親指で中心から外側に向かってギュムギュムと押し付けておきました。

結果、接着剤がハミ出たんだけど。。。(汗)

 

このまま数時間放置して(30分で良いらしいけど)マットを戻し、ループが出てくるようにスリットを入れました。

で、フットブレースを連結!!

完成ー!!

マットを含めてタツローくんの丸パクりなんすけどねー(笑)

んで、このフットブレース、どうやって使うのか?っていうとこんな感じなのです。

フットブレースと床の隙間につま先を差し込んで踏ん張りを良くするのですな。
(結構なテンション掛かるけど、ループは1か所で大丈夫なんかなー?)

< 訂正 >
このエントリのアップ時に、写真のようにフットブレースの下に足を差し込むうんぬんと書きましたが、
実際に使ってみると、足を差し込むのではなく、『足の裏でフットブレースを押す(=踏みつける)』感じでした!!
訂正いたします >_<

 

ちなみに写真は無いのだけど、フットブレースのおかげで膝がクルーザーデッキに当たってさらにふんばりが利くように思います。。。

 

って事で、もしこれからアルパカのラフトを買うって方は、注文時にフットブレースの取り付けもやってもらうと、
こんな面倒な事をしなくて済むのでオススメですw

いやぁ、早く実践投入したいですなぁ。。。

———-

ベッド問題?

sawerのカモ柄って、日本で買うより引っ張ったほうが安い??

ね?

しかし配送予定が”June 8-15″なのか。。。間に合わんなぁ。。。(汗)

青いのを日本で買うか??うむー

—–

安すぎない?w

—–

来週のキャンプではSix Moon DesignsのDeschutes Plus Tarpを使おうと思うのだけど、
これの中にベッドとして使うアルパカが入るかどうか心配になったんで、寸法を調べてシミュレーションしてみたw

・・・ポールの位置が近いけど、なかなか良い感じに収まりそうですw

カーボンポールの長さは122センチなのに対して、パドル(WERNER Powerhouse)を使った場合、10センチほど低くなりそうなので、
ポールを持っていくかどうか悩むところですね。。。

ちなみに寝るときはアルパカの空気をちょっと抜いて、ひっくり返したら立派なエアベッドになるのですよー

 

決めました!

あの後すぐに、209cmのバックオーダーが可能かメールしたのだけど、
『できません』というツレない返事があったのですが、FB上で岡山のタツローくんに相談した結果200cmのPowerHouseでいいじゃないか?という結論に達しましたので早速。。。

送料は$69だし、定価購入なのでよく考えたらなかなか良いお値段だけどー(汗)