ベッド問題?

sawerのカモ柄って、日本で買うより引っ張ったほうが安い??

ね?

しかし配送予定が”June 8-15″なのか。。。間に合わんなぁ。。。(汗)

青いのを日本で買うか??うむー

—–

安すぎない?w

—–

来週のキャンプではSix Moon DesignsのDeschutes Plus Tarpを使おうと思うのだけど、
これの中にベッドとして使うアルパカが入るかどうか心配になったんで、寸法を調べてシミュレーションしてみたw

・・・ポールの位置が近いけど、なかなか良い感じに収まりそうですw

カーボンポールの長さは122センチなのに対して、パドル(WERNER Powerhouse)を使った場合、10センチほど低くなりそうなので、
ポールを持っていくかどうか悩むところですね。。。

ちなみに寝るときはアルパカの空気をちょっと抜いて、ひっくり返したら立派なエアベッドになるのですよー

 



決めました!

あの後すぐに、209cmのバックオーダーが可能かメールしたのだけど、
『できません』というツレない返事があったのですが、FB上で岡山のタツローくんに相談した結果200cmのPowerHouseでいいじゃないか?という結論に達しましたので早速。。。

送料は$69だし、定価購入なのでよく考えたらなかなか良いお値段だけどー(汗)



Packtach System的なヤツ?

こんな材料で工作するぞぇ。

dsc06170

 

あ、忘れてた!コレも必要だった!!

dsc06171

 

ちなみにこの自在はテラノバだったりします。

dsc06172

よくあるデザインの自在なんだけど、これは3mmのガイラインに対応するスモールサイズなんですわ。
今回の使い方だったら、カムジャムでも良かったけど、シンプルにしたかったのでー

で、採寸した長さにガイラインをカットして、各所をもやい結びして完成したのがこれ。

dsc06177

コレをどうやって使うのか?っていうと、

2本のロープを使って、フネのバウに荷物をくくって。。。

dsc06173

 

フックがついたヤツを左右に渡して、固定してやるわけですな。

dsc06174

 

ええ、そうです、コレのパクリです(汗)

フックのパーツの都合で、ホールド感がちょっと弱いのが玉にキズ・・・
どっかにあのパーツ売ってないかなぁ。。。

—–

EDCGEAR Backpack Accessory High Intensity Nylon Buckle Tying Band

やっと届いた!

dsc06168-001

EDCGEAR Backpack Accessory High Intensity Nylon Buckle Tying Band

 

先日アップしたストラップ、細いだけにテンションが集中して掛かりそうだったんで、
追加でポチっておいたのが届いたんで、早速比べてみるぞ。

dsc06178

うーん、バッチリ!

こちらを採用しますー!!

 

FURA Polypropylene Tie Down Strap Tying Webbing Rope

今週末の川下りで使うつもりだったアイテムが届いてるんだけど、
私の体調がなかなか戻らず、川下りなんてできる状況じゃないのです。。。。(泣)

dsc_0433

Plastic Connecting Holder for GoPro HD Hero2 / 3 / 3+ – Black
FURA Polypropylene Tie Down Strap Tying Webbing Rope w/ Hook – Orange
 

Goproマウントはまぁ置いとくとして、ストラップを何に使うのか?っていうと。。。

dsc_0434

新しいフネを巻くのに使うのですー

でもこのストラップ、250cmもあるんで余りまくってしまいます。。。

dsc_0435

 

なので、必要な分に30cmほど余裕を持たせてカット!

dsc_0436

終端をライターで始末しておきます。

ちなみにこのストラップ、金具パーツがフックになってるんで、何かと便利そうです。

dsc_0437

ちょっと気になるのは、ストラップの幅が1cmなんできつく縛るとピンポイントでテンションが掛かってしまうって事。。。

なので、こんなのも注文してあるので、届いたら比べてみますですー

EDCGEAR Backpack Accessory High Intensity Nylon Buckle Tying Band – Earthy

AlpackaRaftを組み立てる

つー事で、前回に続いていよいよ本体の御開帳ですw

DSC_0332

スッケスケのスタッフサックに入ってますな。
ずるずるーっと引き出したらこんな感じでした!

そうそ、船体の色は黄色にしましたよー!
白いテープは防水ファスナーの保護用なのでさっさと剥がしてしまいました。

DSC_0333

注文時にCruiser Spray Deckのオプションを追加していたんだけど、ちゃんとくっついているようですね。

このクルーザースプレーデッキは沈した時に自分の体重でベリベリと剥がれるんだけど、
ちょっと剥がしたい時なんかはこんなのをくっつけておくと良いそうな。。。

しかし、ひざベルト、気になるなぁ。。。

で、シートを設置してみます。

DSC_0334

船体内側にある4か所のタブの位置を確認してっと。。。

マニュアルを読みながら付属してたロープを使って縫い付けるようにしてやります。

DSC_0335

ちなみに船体のタブは下、シートのタブは上になるようにして、ロープの結び目は下に隠れるようにするみたいですよ。

こんな感じで完成!

DSC_0336

 

お次は追加で注文したBow Bagです。
これは誰に聞いても『買うべき!』と即答されるアイテムなのです。

DSC_0337

防水になっているので、濡らしたくないお財布などを入れておけるナイスなヤツです。
しかも、そこそこ容量があるので、途中で食べる食材なんかも入ります!

Nite-izeのSビナが4つと、防水ファスナー用のワックスが付属してました。

ちなみにこの防水ジッパーはドイツのTIZIPっていうメーカーのものらしいんだけど、
この会社、防水ジッパーしか作ってないみたい。すげぇwww

 

Bow Bagもなんなく設置完了!

DSC_0338

それにしてもなんでBow Bagのベルトがこんなに長いんかな?と思ってましたが、

他の荷物を載せる際、フネとBow Bagの間にその荷物を挟むんだそうだ。

DSC_0339

なるほどね。

だからSビナなんか使うのねー

 

って事で、次はAlpackaのパッキングについて勉強しますー!

—–

コレ、いいなぁ。。。

210g!?

ついに完成!?

今朝、ついに私のフネが完成したとの知らせが!!

2016_0824

 

オーダーした当日、すぐにメールで連絡があって、『3~4週間くらい掛かるよ』って事でしたが、
キッチリ2週間で仕上げてくれました。

という事で、パックラフト始めたいんだけど。。。って方の為に、
下世話ですが、どれくらいの費用が掛かるの?ってハナシをしたいと思いますー(笑)

続きを読む