Kelty Folding Cooler (Forest green)



発売当初から気になってたものの、米amazonの送料が微妙にナイスプライスなので、
入手できないまま廃番カラーになってしまったアイツをついに捕獲しましたよ!!

dsc05832-001

このソフトクーラは3つのサイズがあって、それぞれ。。。

Small = 18QT / 17L

Midium = 38QT / 27L

Large = 58QT / 55L

という容量になっていますが、今回届いたのはMidium (38QT/27L)です。
サイズ的にはド定番のフロストパック40QTとほぼ一緒な事が予想されますね。

 

で、これが届いた状態。。。

dsc05831-001

ぺっちゃんこです。

狭小住宅にお住まいの私としては嬉しい限りでございますw

 

 

折り畳んだ状態で、上面に下敷きのようなプラスチック素材のパッケージが張り付いていました。

で、組立説明書にもなってるようですw

dsc05833-001

1、蓋あける

2、フォームを引き上げて、それぞれをベルクロで固定して断熱材にするんだな

dsc05834-001

3、防水のライナーを引き出して断熱材のパネルに折り返すのだ

4、外側を引っ張り上げてベルクロで固定するわけよ

dsc05835-001

5、え、え・・・ エンジョイ!?

ってな事らしいので、早速組み立ててみますよー(笑)

dsc05836-001

説明書を外して。。。

 

dsc05837-001

左右のトグルを外して。。。

ジッパーを開きます。

dsc05838-001

そうそ、ありがちですが、ジッパープルには栓抜きがw

 

で、オープンした状態がこちら。

dsc05839-001

 

フォームを立ち上げて、四隅のベルクロで互いを固定します。

dsc05840-001

底に隠れているライナーを引き出します。

dsc05841-001

ちなみにこのライナーはバスタブ構造になっているので水漏れはしなそうです。

で、ライナー上部を折り返してフォームに被せるんだけど、フォーム側にベルクロがあるので、しっかりと固定されますよ。

あれ?中に何か入ってますなぁ。。。

dsc05842-001

お?クージー発見!!
なんというサプライズwww

dsc05843-001

ま、そのまま放置しておきますです。

で、最後に外装を引っ張り上げて、これまたベルクロで固定してやりますー

dsc05844-001

で、完成!!

dsc05845-001

逆からも!

って一緒ですなw

dsc05846-001

上面も硬い材質になっていて、4角にはドリンクホルダーもあるのでテーブルのような使い方も可能です。
中身を取り出す時に大惨事になりかねないけどー(汗)

ちなみに私がツボったのは底面です。

dsc05847-001

 

プラスチック製の足が付いてるのです!!

dsc05849-001

足の高さは約2センチ!

dsc05851-001

気休め程度だけど、少しは汚れ&摩耗軽減になりそうじゃない?

で、ソフトクーラーと言えば。。。でおなじみのアイツを召喚しましたw

dsc05852-001

黄色いのは”フロストパック40QT”です。早速カタログサイズを比べてみると

KELTY 49.0 x 35.6 x 26.7cm

フロストパック 51×28×28cm

まぁ似たような感じですなw

 

少しだけフロストパックの方が背が高いようですね。

dsc05853-001

でも、奥行きはKELTYの方がありますなぁ。。。

dsc05854-001

でも、重量は結構違うのです。。。

KELTY 1.97kg

フロストパック 0.94kg

オートキャンプ用だし、気にしませんが。

 

ちなみに我が家のフロストパックは銀マット+アルミテープで小細工してますんで、折り畳みはできません。。。(泣)

dsc05855-001

これはこれで案外使えるので気に入っているのだけど、
KELTYは断熱材の厚さが違います!

その厚さ、なんと4センチ!!

dsc05856-001

私は、真夏こそモビ子を使いますが、それ以外のシーズンはソフトクーラーしか使わないので、
コイツには大いに期待しています!!

いやぁ、どうなんでしょうねぇ。。。楽しみですねぇ。。。

 

って事で、次のキャンプで使ってみたいと思いますー!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です