ダウンジャケットの穴を塞いでみた



つー事で届きましたよ、ナイロン用修復シート!!

焚き火によって穴が空いてしまったナンガのダウン(カーディガン)は”コヨーテ”色なんだけど、
そんな気の利いた修復シートなんてないので、黒にするか迷った挙げ句、半透明のシートにしてみました。

では早速実行です!

まずは飛び出たダウンだかフェザーだかを鉛筆で中に押し戻してやりましたw

で、穴よりも二回りほど大きめにシートをカットしておき、
剥がれにくくするために角を丸くカットしておきますー

で、貼るとこんな感じに。。。

おお、流石半透明だけにそんなに目立たないっすねー

でもダウンカーディガンの生地が薄いんで、シートを張った部分にシワが寄らなくなっているのと、
穴から見えるダウンだかフェザーの白さがちょっと。。。

ま、言っても穴のサイズが2mmくらいなもんなんで着ちゃえば気にならないと思いますし、
私みたいなメガネデブのへちゃむくれが着ているダウンなんて誰も興味が無いはずなんで問題ないでしょう(泣)

ちなみにシートは99.5%ほど残っているので、他のナイロン製品に穴が空いたらまた試してみたいと思いますー

—–



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です