鹿 シェラカップ スプーン UH-3007



つー事で、鹿の謎スプーンが届きましたよ!

何はともあれ、”日本製”の安心感よ。。。

柄の先にスリットがあり、そこのシェラカップのハンドルを通すようです。

でも何のために??(笑)
まぁいいや。

実際に手に取ってみるとこんな感じ。

40代成人男性元小太りの手には少し短い気もするけど、使いづらくは無い予感。
ええ、使いやすい予感はしませんがw

スプーンの部分が長いのは汁気が多い食べ物に発揮しそうですね。

浅いけどー

ちなみに、鹿のチタンミニシェラにくっつけるとこんな感じ。

こうすればくっつけたまま水を飲んだりも出来そうです。

そんなシチュエーション、なかなか無いと思うけどw

続いて他社製のシェラカップにくっつくてみます。

定番のスノピチタンだとこんな感じ!

むふむふ。

ま、山なんかでこの状態でザックにブラ下げるなんて事無いもんなぁ。。。
やっぱりどう考えてもシェラにくっつく意味が判らん(笑)

ちなみにこうすると普通に飲めます!

最後に嫌がらせでモンベルのチタンディッシュを持ってきましたw

ハンドルの幅が太いので片方にしか引っ掛けることが出来ませんでしたよ。

まぁ、嫌がらせですのでw

結論!オートキャンプで使うのなら、無理にくっつける必要は無い(笑)

自立させるのが一番かもね。すぐに倒れるけどー

—–

ちなみに最近の我が家はコレを使ってますw