STANLEY 真空クエンチャー 0.59L



myxの初売りでセールになってたのでついうっかり。。。w

 

スタンレーの真空マグですな。

写真で握っている部分が細くなっているので、車のドリンクホルダーにも対応するようです。
正直、コレが買った理由でもありますです。

車に常備しておいて、コンビニなんかで飲み物を買った時に移し替えてやろうと思ったのです!!

オフィシャルの情報によると容量は590mlで、
コンビニコーヒーやスタバでもLサイズやグランデでも余裕で入りそうですw

コーラなんて500mlのペットボトル+氷でも行けそうですしー

ちなみに気になるのは保冷/保温能力なワケでして、
オフィシャルの情報を調べたらこんな感じでした!

温力目安:60度以上/4時間
保冷力目安:10度以下/5時間

・・・上部の蓋が樹脂なのにそんな性能あるんかな?と思うのだけど、どうでしょうね?
怪しいなぁ。。。(笑)

このマグには太めのストローが付属しています。

 

そのストローを引き抜いて、ロゴのあるパーツを回転させると、温かい飲み物用の飲み口が現れます。

正直、冷たいコーラなんかもこっちで飲んだほうが冷気の流失にならないような気がするけどー

また、当然だけど上フタを外した状態でもお使い頂けますw

ビール飲む時はコレかな?w


つー事で、帰宅したら車から下ろして洗浄。

次回車に乗る時に氷を満載しておけば、
キャンプ場に向かう途中にコンビニで冷たい飲み物でも買えば幸せになりそうです。

実戦投入が楽しみだけど、スペック的にはスタンレー製品だし心配いらず。
やっぱり、リトルの分も追加しておくべきだったかなぁ。。。



ワークレッグ ミニ

豊洲のビバホには何種類かのワークレッグがあったのだけど、
私が買ったのは一番小さいサイズです。

まずは脚!

幅360mm x 高さ180mm というサイズです。

で、これの上に乗せる天板は円形で、400mm x 400mmっていうサイズ。

ちなみに合板の厚さはすべて共通で12mmです。(他のサイズも全部12mm)

では早速組み立ててみるっすよー

って、そんなの誰でも知ってますよねぇ。。。(汗)
でも、知らないって方の為に一応。。。

板の中央の溝同士を合わせて組み合わせるだけ!!

で、天板を乗せる!!

完成!!

サイズ的にはこんな感じです。

微妙だけど、サイドテーブル的には丁度よい感じかと。。。

でも、根本的な事なのだけど、脚に天板を『乗せるだけ』の仕様なので、
ちょっとだけ移動したい!なーんて時にもちょっと面倒なんすよねぇ。。。

そもそも、ワークレッグなんでこういうものなのだけど、
なんかちょっと不安。。。

で、思い出しました!!

ペレグレンファニチャーさんのテーブルで、ベルトで固定してるモデルがあったなぁ。。。ってw

ちょっと拝見してこようっと。

とりあえず、今日のところは手持ちのPPベルトでまとめておきますです。

あーして、こーして、エイヤッってしたらうまく出来そうだぞ。。。ニヤニヤ

USB充電 プラズマライター

先日、箱だけ届いたヤツがあったのだけど、
アレをさっさと返品して、そのまま違うヤツを注文したんすよw

ちなみに今回はデザインで選んでみましたよっと。

USB充電 プラズマライター

ちゃんと本体が入ってました!!(笑)

内容物は本体と充電用USBケーブルのみ!!

ライターの底面にUSBポートがありますよー

箱の裏には英語表記の説明がありました。

バッテリー容量は280mAhで、2時間の充電で300回スパークできるそうな。。。

一つ誤算だったのは思いのほかデカいのです(汗)
正直、半分くらいのサイズを想像してました。。。ええ、スペックを見ずに買ったもんで(滝汗)

使い方は?っていうと、
真ん中にスライドできそうなスイッチがありまして。。。

 

これを前方にスライドさせると、
先っちょから放電端子がニョキっと生えます!!

ニョキ!!

ニョキッ!!

で、スイッチがあった場所に、電源ボタンが現れるのです!!

これはなかなかナイスなセーフティ構造ですな。
ちょっと関心w

で、このボタンをポチィってすると。。。

バチバチ!!

と、まるで小さなスタンガンです。いや、それは大げさかな?

折角なんで着火してみたら、これが案外使えそうなんですよ。。。

どうっすかね?

風が強くても大丈夫そうだし、モバイルバッテリーさえあれば再充電可能だし、便利そうじゃないですか?
焚き火で使うのなら、このサイズも案外悪くないかもですね。

いやぁ、焚き火したくなってきた!!

麻ひも de 着火剤

しばらくキャンプに行く予定は無いのだけど、リトルと焚き火の準備をしてみますw

まず、100均で麻ひもを買ってきました!

 

100均だけにヒモが細いような気がします。。。

なので15センチほど切り出して。。。

爪で引き裂くようにほぐしてやるとこんな感じになりますです。

これだけで焚き火のスターターには十分ですなー

って事で10本ほど切り出しておいて。。。

チャック付きの小袋に入れておきます。

これをリトルの焚き火ポーチに忍ばせておきますよー

こういう小さな事でも楽しいですな。

2代目 のびタマロング 

そういえば届いてました、2代目!!


ロゴス のびタマロング

前のキャンプでポッキリ折れちゃったのですぐに注文したんすよ。

で、これが御本尊。

しっかり私が写り込んじゃってますねw

 

寸胴にも使えるナイスなヤツです。

コレとMSRのアレがあれば、他のレードルは必要ないっすね。

ちなみに持ち手の頭にナイロンのロープが通してあるのだけど、
これがどうにもダサいのよねぇ。。。

ま、正直こんなロープ要らないような気がします。。。

でも折角なんで余ってた赤いガイラインに交換しておきましたよ。


夜光ゴムリング

随分前に届いてたんすよねー

これをどうやって使うのか?っていうと。。。

頭がこんな感じのペグを持ってきますー

多分ソリステでも大丈夫かと。。。

で、押し込んで完成!w

夜光の成分が入ってるそうで、ほんのり、マジほんのりと光りますw

夜光夜光と書いてるけど、正確には蓄光なんかな?
でも、中華勢が”ルミノーバ“を使うとは考えられないので、中華オリジナルの蓄光技術を使ってるかもですね。

次回のキャンプで使ってみますよー!!

私はいつもの怪しい中華サイトで買いましたが、amazonでも買えるみたいすね。

しかも50個も入ってるし!!(笑)

ダウンジャケットの穴を塞いでみた

つー事で届きましたよ、ナイロン用修復シート!!

焚き火によって穴が空いてしまったナンガのダウン(カーディガン)は”コヨーテ”色なんだけど、
そんな気の利いた修復シートなんてないので、黒にするか迷った挙げ句、半透明のシートにしてみました。

では早速実行です!

まずは飛び出たダウンだかフェザーだかを鉛筆で中に押し戻してやりましたw

で、穴よりも二回りほど大きめにシートをカットしておき、
剥がれにくくするために角を丸くカットしておきますー

で、貼るとこんな感じに。。。

おお、流石半透明だけにそんなに目立たないっすねー

でもダウンカーディガンの生地が薄いんで、シートを張った部分にシワが寄らなくなっているのと、
穴から見えるダウンだかフェザーの白さがちょっと。。。

ま、言っても穴のサイズが2mmくらいなもんなんで着ちゃえば気にならないと思いますし、
私みたいなメガネデブのへちゃむくれが着ているダウンなんて誰も興味が無いはずなんで問題ないでしょう(泣)

ちなみにシートは99.5%ほど残っているので、他のナイロン製品に穴が空いたらまた試してみたいと思いますー

—–

メディカルポーチが届いたよ

先日探したリトルの焚き火グッズを収納するポーチがやっと届いたよ。

 

結局コレにしましたー!!
写真の色がイマイチ正確ではないけど、実際はもっとカーキな印象です(汗)

裏側にはMOLLEストラップが2本ありますよ。

まぁ要らんけどw

 

表のファスナーを開くとシンプルなポケットになっていました。

キーリングなどを引っ掛けるフックなんてのはありませんよw

で、緊張の御開帳!!

おおー!良かった!! ちゃんとゴムベルトやポケットがありました!!

これがあるのと無いのとでは大違い!!

つー事で、いろいろ収納してみましたー

チャックが付いたジップロックみたいな袋があればチャークロスや麻ひもなんてのも小分けして収納できますな。

これは良い買い物をしたぞw
値段が上る前にいくつか買っておこうかなー

タイベックでMint Saloonのフットプリントを作るぞ

先日届いた純正のフットプリントの下に敷く第二のフットプリントをタイベックで作ってみようと思います!
ええ、過保護ですw カタカナでいうところのスポイルですw

単純に我が家にはタイベックの50mロールがまるっと余ってるっていう事もあり、こんなサイズでも躊躇なく作れちゃうワケですが、
フットプリントを敷く前に除去しきれなかった石や鋭利なゴミなんかに穴を開けられたりするのをちょっとでも防いでくれそうなので、
まるで意味がない話ではないのです。多分ね・・・(汗)

では早速!!

タイベックを切り出す前にどんだけの長さが必要なのか?
どんな組み合わせをすればタイベックが最短で済むのかを予測したいので、
オフィシャルの図面を参考に検討していきます。

一応、この画像をイラレでトレースして図面を起こそうと思ったのだけど、
寸法と六角形が微妙に合いません。。。(謎)

とりあえず、全長の”343cm”が正しいと過程して寸法から導き出した図面が赤いラインです。

 

補助線を無くするとこんな感じですな。

届いたフットプリントと比べても赤いラインの方が似ている気がしますしwww

という事で、この赤いラインを満足するように幅100cmのタイベックを張り合わせるとこんな感じになりそうです。

ちなみに貼り合わせはいつもこんな感じでやってます!

張り合わせたい辺にそれぞれ15mmで折り目をつける。

それをフックのように合わせて接着します!

接着材は3面に塗りますよ!!

 

この方法だと合わせ目が露出しないので、ほとんど水が入ってくる事がありません!!

ま、これをすべての辺にやるワケですが、
ミシンでそれぞれを2回塗ってさらにシームテープする事を考えたらコッチの方が楽ちんですなw

ーー

てな感じで、2日掛けてなんとか本体部分の張り合わせが完了!!

次は純正フットプリントと接続する為のタブを作りますよー
構造はこんな感じです。

タイベックの端切れから20cm x 6cmを切り出して、二重にしてから折り返しました。

これでそこそこの強度が出るはずです(多分ね)

これを6枚用意して。。。

剥がれ防止にコーナーを丸くしておきました。

フットプリントのトグルに引っ掛けるガイラインは5mm x 15cmですー

これをタイベックのコーナー6箇所へイイ感じに貼り付けます!!

これで完成?!

かと思いきや、このタイベックはハードタイプなので、パリパリとウルサイのです。。。

なので、ぐっちゃぐっちゃに丸めたり揉んだりしてシワシワにしてやります!!

これで完成!! シワのせいでかさが増えたけど、気にしません!!

って事で、次回のキャンプで実際に使ってみたいと思いますー!!


すのこスタンドでテーブルを作る!

近所のホームセンターに行ったら、こんなの見つけましてね。。。

どうやらコーナンの製品らしく。。。

お値段、1270円!!(笑)

ちなみにコイツはスタンドのみなので、天板(すのこ)は付属していません。。。

木材もパイン材だし、仕上げもそれなりですが、ちょっと手を加えたら面白そうです!!
今週はお出かけする予定もないので、コイツを魔改造して遊びますかねー

オススメのすのこサイズは330mm x 550mmらしいのだけど、
同じ売場内にはこのサイズのすのこは見当たりません。。。なんで??

ま、もうちょっと幅が欲しかったしコイツに決定です!

ちなみにこのすのこの材は桐です!

2枚組で378円www

さらに細い板を3枚ほど追加してからお会計してもらうと2000円でお釣りが帰ってきましたよー

帰宅して細かいサイズチェックします!!

おすすめサイズが330mmだったのにかなり奥行きが足りませんね・・・

まぁ、これは現地でも把握していたので、問題ありません!

まず、片方のスノコの板を2枚ほど『どぅりゃ』と言いながら剥がしました。

で、組み合わせるとこんな感じになりました!

重ねて収納できるように、脚がオフセットされてるのが効いてますw

では、スタンドと比べてみます。。。。

幅は理想的ですね。うんうん。。。
でも奥行きが今度は大きすぎます!!

なので、また『どぅおりゃ』とドスの効いた声を出しながらもう一枚板を剥がしましたw

で、組み合わせるとこんな感じ。

うーん。。。バッチリすぎるwww

その後、天板の隙間に板を敷いたり、角を丸めたり、全体にヤスリを掛けたりしたのち、
クルミオイルをぬりぬりして完成したのがコレ!!

フヒヒ。。。どうでしょう?

隙間がガッタガタですが、これは元々のスノコの精度がモロに出た感じですねー
手作りっぽくて案外嫌いじゃないですw

高さ調整のチェーンはダサいので廃止w

6mmの穴を4つ開けて5mmのガイラインを通しましたよ。

写真を撮り忘れたけど、天板の裏側にあるレールがフックになるので、
このガイラインに掛かる負担は多少軽減されるはず。。。

でも、耐荷重は怪しいので飲み物やリトルのSwitchなど軽めのものしか置かないようした方が良さそうですw

次のキャンプから活躍してくれるかな?

このスノコスタンド、天板をもっとしっかりしたヤツにしたらかなり使えそうな気がします!!
2台買って連結するのもアリですよねぇ。。。

以前、同じような作りのクーラーボックススタンドを作った時、8000円も掛かったんで、
このスタンドをベースにしたらいろいろ安く作れそうですなー