ダサいのが良い!?w

つー事で、ポチったガイラインがやっと届いたんでコイツの差し替え作業をしてみますよー

 

で、届いたのがコレw

うはー、マジでダサいwww

かの格闘家、ビーターアーツがリングイン時に着用していたチョッキ(猛烈ダサい)を彷彿させるこのカラーリング。。。

当然ながら採用ですw

思えばコイツにたどり着くまでにいろいろ買ったなー(しんみり)

 

ちなみにこの”ピーターアーツのチョッキ柄”のガイラインですが、

残念なことに平べったいタイプのガイラインです(汗)

一緒に写っているBROTREEもペタペタなきしめんガイラインですよ。
ええ、買っちゃダメですこんなのw

ガイラインは決まったんで、次は自在をどうしようかと。。。

 

まぁいろいろ見つかったけど、常識的に考えてこの2つのどちらかでしょうねw

で、今回は右側のオーソドックスなプラ自在にしましたよ。

そうそ、余ったガイラインで二股になるヤツも用意しておきました!!

こちらは風が強い日などにしか使わないので余ってた赤いアルミ自在でテキトーにw

再来週くらいには張りに行けるかなー

白い粉対策

イカな人達にはお馴染みの『白い粉問題』なんだけどね、

シリコーングリスを塗ると良いって聞いたんで早速用意したよ。

 

で、こちらが新品交換後、二ヶ月チョイ経ったプロコンさん。。。。

 

全体的に汚いのは申し訳ないのだけど、左スティック周辺に白い粉がたくさん。。。

この白い粉を歯茎に塗るとAIM力が5倍になるってウワサがあるとかないとか。。。w

 

白い粉をウェットティッシュで拭き取ったあと、綿棒でシリコングリス(米粒サイズ)をぬりぬり。。。

仕上げに、余ったグリスをティッシュでぬぐって完成!!

 

で、どうなったか?っていうと、まず最初に思ったのがステッィクの動きが格段に良くなりました!!
動きが軽くなりすぎて、少しだけAIMがブレたけど2試合ガチマに潜ったら慣れましたwww

今のところ、白い粉は発生していないので、少しはプロコンの寿命が伸びてくれると良いのですが。。。

 

カムバックにスペ増0.3のギア、欲しいんすよねぇ。。。(笑)

 


くれぐれも自己責任で!!

 

今シーズン初登場!!

週末、この組み合わせが今シーズン初登場しました!!

サービングポットのリッドだけがなぜかホコリまみれなんだけど。。。(汗)

家族のリクエストで焼き芋ですw
折角なんで、我が家の焼き芋の焼き方を書いておきますね。

1,芋を水洗いし、そのまま塩水に漬けて1時間ほど放置プレイ

2,SOTOの金網を入れたサービングポットをコンロに乗せて、中火で30分ほど空焚き!!

3,塩水から上げた芋をアルミホイルで包んで、サービングポットへ投入。(その際、鍋肌に触れないようにする)

隙間に小さめのじゃがいもを入れておくと、待ちきれないキッズ達への口止めになるのでオススメw

4,特に芋を回転する必要はないけど、頃合いを見て竹ぐしを差してみる。

ズズズと抵抗があればもうちょっと我慢。。。スッっと通ったら完成!

1本100円で買ったシルクスイートもこんな感じになりました!

安納芋系は竹串を差した穴から蜜が溢れて、サービングポット内で固着しちゃうので注意が必要です。

ま、スチールウールでガリガリしてやればいいんだけどね。

 

って事で、我が家で焼き芋する時はこの組み合わせが鉄板ですw

—–

やっぱ電気っしょ

コレってさ。。。

PM LABO i7 KickBoard 電動キックボード キックスケーター(ケース付き)

定価 オープン価格↓
ナチュラム価格44,259円(税込47,800円)
+1327ポイント

どうなのよ??

ナチュラムの商品説明の中から気になった部分をピックアップしてみると。。。

●フレーム:アルミニウム
●本体重量:8.7kg
●バッテリー容量:5.2AH
●最高速度:約25km/h(フル充電時)
●スピードギア:三段階による制御システム
●走行距離:約12km-15km
●サイズ:920x480x1030mm
●折りたたみサイズ:1030x480x200mm
●充電時間:約2時間
●【PL保険加入商品】製造物責任法(PL法)に基づく法律上の損害賠償責任を補償する保険

公道走行うんぬんは当たり前の事なんで置いといて、
最高速が25km/hってかなり速くない??(汗)

ちなみにラインナップは3つらしいので、表にしてみたよ。

 走行距離  最高速度  バッテリー容量 ナチュラムでの価格
i7 KickBoard 約12-15km 約25km/h 5.2AH 税込47,800
K6 KickBoard  約19km  約23km/h  6.6AH 税込37,800
i8 KickBoard  約12-15km  約23km/h  5.2AH 税込36,500

正直、下の2つがなぜ併売されてるか判らんのだけど、
この表から判断するとしらた、2つのどちらか?って感じですかねー

でも、一番上のモデルはフロントサスがあるそうなんで、やっぱり一番高いのを買うのがモアベターな予感。

願わくば、タイヤのインチがもうちょっと大きくて、
MTB的なブロックタイヤだったりするとアウトドアな人たちの触手が伸びるような気がしますです。

でもさ、コッチの方が楽しそうだぞ。。。w

楽しそうだけど、40代、小太りメガネのおじさんがコレ乗ってたら笑われるよねぇ。。。(泣)

 

これ安い!!

リトルにこんなの買ってやったら嫁ちゃんに叱られそうだわ、返してきなさい!!って(泣)

ムササビさんのガイラインを交換。。。

って事で、昨日届いたムササビさんのガイラインを交換してみますよっと。

これが付属してたガイライン達。。。
自在だけ外しておこうかな?w

で、ムササビさんのパイピング(赤)に合わせて赤いガイラインを用意しましたー!!

 

って・・・赤? これ、赤か??

限りなく、オレンジじゃね?

でも、パッケージには半角カタカナで (レ ッ ド)って書いてるなぁ。。。

くっそう、ヤラれたわー (泣)

amazonに返品するぜ!!って思ったけど、なんだか面倒なんでヤラれ記念に取っておくかなぁ。

って、そのまま謎ボックスにポイーする予定www

折角なんでCircus TCに使った黒いガイラインの余りで収納袋のロープを交換してみたんだけど。。。

色的になんだかイマイチなんでこれも却下!!

うぬー・・・どうしてくれようか。。。

と腕組みして5時間考え抜いた結果(やや誇張)とあるサイトで、クッソダサいガイラインを発見したんで速攻ポチっとな!!

マジでクッソダサいんで超楽しみですw

早く届かないかなーwww


これ、限りなくオレンジ色だよ!!

patagonia Black Hole Duffel 60L

つー事で届きました!


横21x縦33xマチ13cm

ホント、小さいっすねー 心配になるレベルw

で、広げてみるとこんな感じに。。。

ダッフルなんだけど、2本のベルトを接続すると背負えるのです。
リトルが使う時はこっちの方が楽だと思う。

なので、肩掛けには出来ないのです。肩掛けしたい人はパスしましょw

 

 

ロゴが”グレー”なのもポイント高しw

ロゴなんて黒でもいいし、無くても良いんだけどなぁ。。。

ちなみにちょっと判らなかったのがここの部分。

ザック仕様にするベルトの接続方法が判りませんでした。

ベルトの接続先はDカンなんで、何かパーツが足りないようにも見えます。。

いろいろ調べたら、ベルト側のプラパーツをDカンへ縦に差し込むそうで。。。

ペラでいいからマニュアルを付けてくれるといいのになぁ、パタゴニアさんよぅ。。。(泣)

嫁ちゃん的には『60Lってこんなもん?もうちょっと大きいのかと思った!』らしいのだけど、

これ以上大きいと、荷物詰めたら重くてコロコロが欲しくなるし、
だったら同じデザインの30Lや45Lを追加すればいいんじゃないの?という話しで落ち着きましたとさw

 


 

ちなみに、このカラーリングだったら、ナチュラムが一番安いみたいすよー

パタゴニア(patagonia) Black Hole Duffel(ブラック ホール ダッフル)

定価 17,000円(税込18,360円)↓
ナチュラム価格12,651円(税込13,663円)
26%割引+379ポイント

トラベルバッグ パタゴニア Black Hole Duffel(ブラック ホール ダッフル) 60L BLK(Black)

 

プレイスタンド

友達んちで”スプラトゥーン合宿”が開催されるっていうんで買ったのがコレ。

タブレット用なんかに良くある仕組みのスタンドっすね。

溝が3本あるんで3つの角度に調整できますよ。

設置するとこんな感じ。。。

まぁ、可もなく不可もなくw

でも、充電用のUSBケーブルを差したままでも大丈夫。

正面に空いた穴にケーブルを通して。。。

裏側から取り出すw

ま、送料込みでこんなお値段なんで、文句無いですw
リトルは相当気に入ったみたいで、

『なんでこんなに安いの?なんで??』と繰り返しています。

ホント、なんでだろうねぇ。。。w

—–